リキッドファンデーション

リキッドファンデーションについて

リキッドファンデーションとは、リキッドタイプになっているファンデーションの事で、サラサラなリキッドというよりは、乳液のようにねっとりした感じのテクスチャーになっている事が多いようです。リキッドファンデーションはパウダーファンデーションと比べると、肌にスッと伸びて肌と一体化してくれるので、パウダーファンデーションをつけた時のような「厚化粧感」がありません。薄付きでもきちんとカバーしてくれるのが、リキッドファンデーションの大きな魅力と言えるかもしれませんね。

リキッドファンデーションは、ニキビ跡などの凹凸が気になる肌の人や、乾燥が気になる肌の人におすすめのファンデーションです。リキッドファンデーションには酸化亜鉛や酸化チタンなどの成分が配合されていて、肌の凹凸部分も滑らかに見せる事ができる効果があります。また、パウダーファンデーションよりも肌に密着して保湿をする事ができるので、今までパウダーファンデーションをつけて肌が白く粉を拭いていた人でも、リキッドファンデーションをつければ粉を拭くことなくシットリした肌を手に入れる事ができるようです。

リキッドファンデーションの使い方はとても簡単です。リキッドファンデーションを少量とって、おでこ、鼻、両頬、あごの5箇所に少しずつ乗せます。そして、エリアごとにファンデーションを薄く伸ばしていくだけ。この時、スポンジなどで使っても良いですが、乳液をつけるような感じで指の肌を使ってサッと使う人も多いようです。指の肌を使うと、ピンポイントでつけたい場所に確実にファンデーションをつける事ができますし、薄付きに仕上げる事もできるのでおすすめです。

プロが愛用しているファンデーションのタイプはずばり「リキッドファンデーション」。毛穴レスな肌を作ったり、透明感のある美肌をメイクするためには、リキッドファンデーションの特徴を上手に生かすことが必要です。美肌作りをしたい人はぜひ、リキッドファンデーションの使い方をマスターしてみると良いでしょう。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館]について

メイク方法の基礎知識をはじめアイメイク/アイブロウ/ファンデーション/コンシーラー/リップメイク/チーク/フェイスパウダー/化粧下地/コントロールカラー等など、メイクについて幅広く奥深くまで解説したお化粧専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館] TOPページへ戻る

このページのトップへ
アイメイク
アイメイクの基本
V系のアイメイク方法
アイメイクで目が曇る
囲みアイメイクの基本
アイメイクでアンチエイジング効果
一重のアイメイク方法
ナチュラルアイメイク方法
デカ目アイメイク
奥二重のアイメイク方法
アイメイクの順番
40代のアイメイク
アイブロウ
アイブロウの基本
ナチュラル眉のアイブロウ方法
アイブロウブラシについて
アイブロウマスカラについて
落ちないアイブロウ
アイブロウのカラーリング
ファンデーション
ミネラルファンデーション
リキッドファンデーション
クリームファンデーション
スティックファンデーション
パウダーファンデーション
ウォータープルーフ ファンデーション
割れたファンデーションを元に戻す方法
汗に強いファンデーション
ファンデーションの塗り方
振動ファンデーション
ファンデーションブラシの使い方
ベースファンデーションの選び方
電動ファンデーション
ファンデーションは塗らないほうがよい
コンシーラー
コンシーラーの使い方
コンシーラーでクマ隠し♪
コンシーラーで吹き出物カバー
コンシーラーでの青クマカバー
リップメイク
リップメイクの方法
リップメイクの基本
チーク
チークの入れ方
チークの色
クリームチークとは
チークブラシの選び方
フェイスパウダー
フェイスパウダーとは
フェイスパウダーの使い方
化粧下地
化粧下地とは
ニキビ肌の化粧下地
化粧下地の塗り方
にきびにお奨めの化粧下地
コントロールカラー
コントロールカラーの使い方
コントロールカラーの順番
コントロールカラーの選び方