アイブロウのカラーリング

アイブロウのカラーリングについて

日本人はもともと黒髪。しかし、ファッションとして髪を茶色など明るいカラーに染めている人は少なくありません。髪は明るいカラーなのに、アイブロウは以前のままの黒、というのでは、オシャレ度もグンと下がってしまいますよね。芸能人やモデルなどのセレブを見てみると、髪のカラーに合わせてアイブロウもカラーリングしている人が多い事はご存知ですか?実は、カラーリングできるのは毛髪だけではなく、同じ毛細胞でできているアイブロウも、カラーリングする事が可能です。

アイブロウのカラーリングは、美容院などのサロンで施術してもらうのがおすすめです。ドラッグストアなどで販売されているヘアカラーなどを使ってアイブロウをカラーリングする事もできますが、アイブロウだけのためにヘアカラーの箱をそのまま開けてしまうのはもったいないですよね。髪とアイブロウを一緒にカラーリングするなら、カラーリング剤を眉にも少し塗ってあげればOKですが、眉のみカラーリングしたい時には、スピーディでサッとリーズナブルにカラーリングしてもらえる美容院での施術がおすすめです。

アイブロウのカラーリングも、基本的には毛髪のカラーリングと同じプロセスで行います。第1剤と第2剤を使いますし、放置時間も使う量にかかわらず、指定された時間は放置しなければ行けないので、美容院でのカラーリングと同じぐらいの時間がかかります。もちろん、髪に化学成分を塗布していく作業にかかる時間はアイブロウではかなり短縮されているので、髪のカラーリングと同じぐらい長く時間がかかってしまう事はないので安心してくださいね。

美容院でアイブロウのカラーリングをするメリットには、市販のカラーリング剤を使うよりも明るいカラーに染める事ができるという点もあります。市販のカラーリング剤では、一定以上の明るさまでしかトーンを明るくする事ができません。しかし、美容院では1剤と2剤を自由にミックスする事ができるので、希望どおりの明るさのカラーまでカラーリングする事ができるのも魅力です。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館]について

メイク方法の基礎知識をはじめアイメイク/アイブロウ/ファンデーション/コンシーラー/リップメイク/チーク/フェイスパウダー/化粧下地/コントロールカラー等など、メイクについて幅広く奥深くまで解説したお化粧専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館] TOPページへ戻る

このページのトップへ
アイメイク
アイメイクの基本
V系のアイメイク方法
アイメイクで目が曇る
囲みアイメイクの基本
アイメイクでアンチエイジング効果
一重のアイメイク方法
ナチュラルアイメイク方法
デカ目アイメイク
奥二重のアイメイク方法
アイメイクの順番
40代のアイメイク
アイブロウ
アイブロウの基本
ナチュラル眉のアイブロウ方法
アイブロウブラシについて
アイブロウマスカラについて
落ちないアイブロウ
アイブロウのカラーリング
ファンデーション
ミネラルファンデーション
リキッドファンデーション
クリームファンデーション
スティックファンデーション
パウダーファンデーション
ウォータープルーフ ファンデーション
割れたファンデーションを元に戻す方法
汗に強いファンデーション
ファンデーションの塗り方
振動ファンデーション
ファンデーションブラシの使い方
ベースファンデーションの選び方
電動ファンデーション
ファンデーションは塗らないほうがよい
コンシーラー
コンシーラーの使い方
コンシーラーでクマ隠し♪
コンシーラーで吹き出物カバー
コンシーラーでの青クマカバー
リップメイク
リップメイクの方法
リップメイクの基本
チーク
チークの入れ方
チークの色
クリームチークとは
チークブラシの選び方
フェイスパウダー
フェイスパウダーとは
フェイスパウダーの使い方
化粧下地
化粧下地とは
ニキビ肌の化粧下地
化粧下地の塗り方
にきびにお奨めの化粧下地
コントロールカラー
コントロールカラーの使い方
コントロールカラーの順番
コントロールカラーの選び方