アイブロウブラシ

アイブロウブラシについて

アイブロウは、アイブロウペンシルを使って描くこともできますし、アイブロウパウダーなどパウダーをブラシにとって描く事もできます。アイブロウペンシルは、サッと出せてサッとアイブロウを書く事ができるのでとても便利ですが、ペンシルがとがりすぎていたりすると、シャープすぎる眉になってしまう事もありますよね。ペンシルの硬さなどによっても仕上がりが変わってしまうのがペンシルの難点でもあります。しかし、アイブロウパウダーを使えば、ブラシにパウダーを取って眉を作っていくので、失敗する事がなくナチュラルな眉を作る事ができます。

アイブロウパウダーを使う時には、アイブロウ専用のブラシが必要です。アイブロウブラシは、アイシャドウブラシとは違い、ブラシの切断面が斜めになっているのがポイントです。この斜めになっている事によって、眉山を上手に作る事ができたり、細さを調節しながら眉を作る事ができるというメリットがあります。アイシャドウ用のブラシで代用せずに、アイブロウパウダーとアイブロウブラシで眉を作る場合には、きちんとアイブロウ用のブラシも購入するようにしましょう。

アイブロウブラシは、ドラッグストアなどでリーズナブルに購入する事ができます。200円〜300円ぐらいで購入できるものが多いようですが、中にはブラシの素材にこだわっているアイブロウブラシなどは1,000円〜2,000円ぐらいの値段がするものもあったりするようです。どのブラシでも使用感はそれほど変わりませんが、初心者の場合には、ブラシの使いやすさでブラシ選びをすると良いでしょう。

アイブロウブラシを使って眉を作る場合には、まずさ志保に、眉山から眉尻にかけて眉を作っていくところからスタートしましょう。パウダーの取り方によって色を調節したり濃さを調節できるので、何回も練習して上手にできるようになってくださいね。眉山から眉尻までのアイブロウができたら、今度は眉山から眉頭へ向かって眉を描いていきます。この時には、ブラシの毛が短いほうを眉頭側にして、眉山から下りてくるような感じで描くのがポイントです。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館]について

メイク方法の基礎知識をはじめアイメイク/アイブロウ/ファンデーション/コンシーラー/リップメイク/チーク/フェイスパウダー/化粧下地/コントロールカラー等など、メイクについて幅広く奥深くまで解説したお化粧専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館] TOPページへ戻る

このページのトップへ
アイメイク
アイメイクの基本
V系のアイメイク方法
アイメイクで目が曇る
囲みアイメイクの基本
アイメイクでアンチエイジング効果
一重のアイメイク方法
ナチュラルアイメイク方法
デカ目アイメイク
奥二重のアイメイク方法
アイメイクの順番
40代のアイメイク
アイブロウ
アイブロウの基本
ナチュラル眉のアイブロウ方法
アイブロウブラシについて
アイブロウマスカラについて
落ちないアイブロウ
アイブロウのカラーリング
ファンデーション
ミネラルファンデーション
リキッドファンデーション
クリームファンデーション
スティックファンデーション
パウダーファンデーション
ウォータープルーフ ファンデーション
割れたファンデーションを元に戻す方法
汗に強いファンデーション
ファンデーションの塗り方
振動ファンデーション
ファンデーションブラシの使い方
ベースファンデーションの選び方
電動ファンデーション
ファンデーションは塗らないほうがよい
コンシーラー
コンシーラーの使い方
コンシーラーでクマ隠し♪
コンシーラーで吹き出物カバー
コンシーラーでの青クマカバー
リップメイク
リップメイクの方法
リップメイクの基本
チーク
チークの入れ方
チークの色
クリームチークとは
チークブラシの選び方
フェイスパウダー
フェイスパウダーとは
フェイスパウダーの使い方
化粧下地
化粧下地とは
ニキビ肌の化粧下地
化粧下地の塗り方
にきびにお奨めの化粧下地
コントロールカラー
コントロールカラーの使い方
コントロールカラーの順番
コントロールカラーの選び方