ナチュラル眉のアイブロウ方法

ナチュラル眉のアイブロウ方法について

簡単そうで意外と難しいアイブロウ。アイブロウが上手に引けなくて、違和感のある眉になってしまったり、太すぎたり細すぎたりするという悩みを持っている人は少なくないと思います。ナチュラル眉をメイクで作るためには、どんな風にアイブロウメイクをしたら良いのでしょうか?

ナチュラル眉を作りたい場合には、理想的なアイブロウメイクよりも少しだけ眉山をなだらかにして、丸みを帯びたアイブロウを作ってみる事からはじめましょう。アイブロウが直線になってしまうと、とても人工的で違和感がある眉に仕上がってしまいますし、ナチュラルとは程遠い眉になってしまいます。アイブロウペンシルも、あまりとがったものを使わずに、丸みを帯びて自然な感じの眉を作れるような柔らかいタイプを選ぶようにしてくださいね。

アイブロウペンシルで眉を整えたら、アイブロウの毛並みを整えるブラシを使って、アイブロウを軽くブラッシングしてみてください。シャープな輪郭がボンヤリして、ナチュラル感がアップしてくると思います。ただし、ブラシで擦りすぎると、せっかくのアイブロウが消えてしまったり、ボンヤリしてしまうので気をつけてくださいね。

また、アイブロウペンシルで描いた眉をよりナチュラルに見せる方法もあります。そのひとつが、アイシャドウを使った方法です。この方法は誰でも簡単にできますし、眉の描き方などを変える必要もないので、ぜひトライしてみてください。方法はとても簡単です。全てのメイクが終了したあとに、ピンク系もしくはベージュ系の肌色に近いアイシャドウを、アイシャドウチップやブラシなどを使って両方の眉のちょうど間部分にフンワリと乗せてみてください。あまり濃い色ではなく、パール系のピンクなど明るい感じのカラーが良いでしょう。こうする事によって、眉が自然に見えるようになります。

ナチュラル眉を作るために、アイブロウペンシルではなくブラウン系アイシャドウを使うといいう人もいます。アイシャドウを使ったアイブロウは少しテクニックが必要になりますが、マスターすればアイブロウペンシルよりもナチュラル眉を作る事ができるので、ぜひトライしてみてはいかがでしょうか?

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館]について

メイク方法の基礎知識をはじめアイメイク/アイブロウ/ファンデーション/コンシーラー/リップメイク/チーク/フェイスパウダー/化粧下地/コントロールカラー等など、メイクについて幅広く奥深くまで解説したお化粧専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館] TOPページへ戻る

このページのトップへ
アイメイク
アイメイクの基本
V系のアイメイク方法
アイメイクで目が曇る
囲みアイメイクの基本
アイメイクでアンチエイジング効果
一重のアイメイク方法
ナチュラルアイメイク方法
デカ目アイメイク
奥二重のアイメイク方法
アイメイクの順番
40代のアイメイク
アイブロウ
アイブロウの基本
ナチュラル眉のアイブロウ方法
アイブロウブラシについて
アイブロウマスカラについて
落ちないアイブロウ
アイブロウのカラーリング
ファンデーション
ミネラルファンデーション
リキッドファンデーション
クリームファンデーション
スティックファンデーション
パウダーファンデーション
ウォータープルーフ ファンデーション
割れたファンデーションを元に戻す方法
汗に強いファンデーション
ファンデーションの塗り方
振動ファンデーション
ファンデーションブラシの使い方
ベースファンデーションの選び方
電動ファンデーション
ファンデーションは塗らないほうがよい
コンシーラー
コンシーラーの使い方
コンシーラーでクマ隠し♪
コンシーラーで吹き出物カバー
コンシーラーでの青クマカバー
リップメイク
リップメイクの方法
リップメイクの基本
チーク
チークの入れ方
チークの色
クリームチークとは
チークブラシの選び方
フェイスパウダー
フェイスパウダーとは
フェイスパウダーの使い方
化粧下地
化粧下地とは
ニキビ肌の化粧下地
化粧下地の塗り方
にきびにお奨めの化粧下地
コントロールカラー
コントロールカラーの使い方
コントロールカラーの順番
コントロールカラーの選び方