40代のアイメイク

40代のアイメイク方法について

若い頃と比べると、どうしても肌がたるみがちな40代。仕方ないとあきらめてしまうのはもったいないですから、アイメイクなどのメイクを少し工夫する事で、見た目年齢をぐんと引き下げてみてはいかがでしょうか?

まず、40代に多いアイメイクを分析してみましょう。バブル世代や団塊JR世代のアラフォー女性の多くがしている「古臭いアイメイク」には、
・パール系のアイシャドウをまぶた全体に乗せている
・二重ラインの内側には、なぜかいつもブルー系を乗せてしまう
・アイラインはいつもリキッドで、顔立ちがキツク見えてしまう
などがあります。季節によってはパステル系のアイシャドウやパール系のアイシャドウなども可愛く魅力的に見えるのですが、アンチエイジング効果のあるアイメイクをしたい40代にとっては、かなりリスクの高いカラーなので気をつけましょう。

40代におすすめのアイメイクでは、ブラウン系のトーンを活用するのが理想的と言われています。ブラウン系は上手に使えばナチュラルメイクの王道カラーですし、リフトアップ効果や引き締め効果も期待する事が出来るので、アンチエイジングには最適なカラー。アイメイクでブラウン系を使う場合には、つけすぎてしまったりするのを予防するために、チップや指ではなく、筆を使ってまぶたに乗せるのがおすすめです。

ブラウン系の中でも肌色に近いカラーをまぶた全体に乗せたら、普段どおりにまぶたに近い場所に向かって何色か濃いカラーを乗せていきます。この時に、アイシャドウのグラデーションがはっきりしてしまわないように、まぶた全体のアイシャドウが一枚のグラデーションのように見えるように乗せるのがポイントです。

また、40代のアイラインは、できればリキッドタイプは避けてペンシルタイプにするのがおすすめ。リキッドはどうしても顔がキツク見えてしまうだけでなく、老けた印象を与えてしまいますし、厚化粧にも見えてしまいます。40代のアイラインなら、ブラウン系のペンシルタイプが良いでしょう。アイシャドウの前に引いてもOKですし、アイシャドウの最後に引いて、目元を引き締めてもOKです。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館]について

メイク方法の基礎知識をはじめアイメイク/アイブロウ/ファンデーション/コンシーラー/リップメイク/チーク/フェイスパウダー/化粧下地/コントロールカラー等など、メイクについて幅広く奥深くまで解説したお化粧専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館] TOPページへ戻る

このページのトップへ
アイメイク
アイメイクの基本
V系のアイメイク方法
アイメイクで目が曇る
囲みアイメイクの基本
アイメイクでアンチエイジング効果
一重のアイメイク方法
ナチュラルアイメイク方法
デカ目アイメイク
奥二重のアイメイク方法
アイメイクの順番
40代のアイメイク
アイブロウ
アイブロウの基本
ナチュラル眉のアイブロウ方法
アイブロウブラシについて
アイブロウマスカラについて
落ちないアイブロウ
アイブロウのカラーリング
ファンデーション
ミネラルファンデーション
リキッドファンデーション
クリームファンデーション
スティックファンデーション
パウダーファンデーション
ウォータープルーフ ファンデーション
割れたファンデーションを元に戻す方法
汗に強いファンデーション
ファンデーションの塗り方
振動ファンデーション
ファンデーションブラシの使い方
ベースファンデーションの選び方
電動ファンデーション
ファンデーションは塗らないほうがよい
コンシーラー
コンシーラーの使い方
コンシーラーでクマ隠し♪
コンシーラーで吹き出物カバー
コンシーラーでの青クマカバー
リップメイク
リップメイクの方法
リップメイクの基本
チーク
チークの入れ方
チークの色
クリームチークとは
チークブラシの選び方
フェイスパウダー
フェイスパウダーとは
フェイスパウダーの使い方
化粧下地
化粧下地とは
ニキビ肌の化粧下地
化粧下地の塗り方
にきびにお奨めの化粧下地
コントロールカラー
コントロールカラーの使い方
コントロールカラーの順番
コントロールカラーの選び方