アイメイクの基本

アイメイクの基本について

メイクの中でも最も時間をかけるという人が多いアイメイク。アイメイクをする時には、多だめの周辺にカラーをつけて艶やかに見せたいというよりも、目を少しでも大きく見せて、それでいてナチュラルにも魅せたいという人が多いようですね。基本的なアイメイクの方法を知っていれば、時間をあまりかけなくても目を大きく魅せることができますし、アレンジすれば自分の目にピッタリの自分だけのアイメイクの方法を見つける事もできます。

基本的なアイメイクに必要なアイテムは、アイシャドウ、アイライナー、まつげビューラー、そしてマスカラです。アイシャドウはチップで塗っても指で塗ってもOKですが、より美しい発色を期待したい場合には、指で塗った方が良いようです。

1.いくつものレイヤーで色々なカラーを乗せていくアイメイクの最初は、アイラインを引く事から始めます。この時、リキッドタイプのアイラインではなく、ペンシルタイプのアイラインを使うのがポイント。リキッドタイプのアイラインは、あくまでも最終的なアクセントとして使った方が良いみたいです。アイラインは、まつげの付け根部分を丁寧に引き、目尻よりは少しだけ伸ばしてアウトライン気味に引きましょう。上瞼も、下瞼も、目尻ヨリを少し伸ばしてあげる事で、目を大きく魅せる事ができます。

2. アイシャドウは、まず最初にベースとなるカラーから、どんどん色が濃いカラーを重ね付けしていきます。肌色とほぼ同じカラーをまぶた全体に塗ったあと、少し色が濃いカラーを二重のラインに合わせて塗り、目を大きく見せたい部分には濃い色をサッと乗せてあげる事で、目が縦にも横にも大きく魅せる事ができます。

3.まつげビューラーは、できるだけまつげの根元辺りから持ち上げるような感じでカールをし、その上からマスカラを塗ってカールを固めます。この時、マスカラは塗りやすい上まつげだけではなく、下まつげにも丁寧に縫ってあげてくださいね。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館]について

メイク方法の基礎知識をはじめアイメイク/アイブロウ/ファンデーション/コンシーラー/リップメイク/チーク/フェイスパウダー/化粧下地/コントロールカラー等など、メイクについて幅広く奥深くまで解説したお化粧専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [メイクお化粧館] TOPページへ戻る

このページのトップへ
アイメイク
アイメイクの基本
V系のアイメイク方法
アイメイクで目が曇る
囲みアイメイクの基本
アイメイクでアンチエイジング効果
一重のアイメイク方法
ナチュラルアイメイク方法
デカ目アイメイク
奥二重のアイメイク方法
アイメイクの順番
40代のアイメイク
アイブロウ
アイブロウの基本
ナチュラル眉のアイブロウ方法
アイブロウブラシについて
アイブロウマスカラについて
落ちないアイブロウ
アイブロウのカラーリング
ファンデーション
ミネラルファンデーション
リキッドファンデーション
クリームファンデーション
スティックファンデーション
パウダーファンデーション
ウォータープルーフ ファンデーション
割れたファンデーションを元に戻す方法
汗に強いファンデーション
ファンデーションの塗り方
振動ファンデーション
ファンデーションブラシの使い方
ベースファンデーションの選び方
電動ファンデーション
ファンデーションは塗らないほうがよい
コンシーラー
コンシーラーの使い方
コンシーラーでクマ隠し♪
コンシーラーで吹き出物カバー
コンシーラーでの青クマカバー
リップメイク
リップメイクの方法
リップメイクの基本
チーク
チークの入れ方
チークの色
クリームチークとは
チークブラシの選び方
フェイスパウダー
フェイスパウダーとは
フェイスパウダーの使い方
化粧下地
化粧下地とは
ニキビ肌の化粧下地
化粧下地の塗り方
にきびにお奨めの化粧下地
コントロールカラー
コントロールカラーの使い方
コントロールカラーの順番
コントロールカラーの選び方