派手じゃないナチュラルメイク方法

派手じゃないナチュラルメイク方法について

メイクが上手にできない人は、気合を入れていろいろなアイテムを使っていくうちに、どうしてもメイクが濃くなってしまいがちです。学校も仕事もバイトもない日なら、それでも良いのですが、派手なメイクでは困る場所やシーンってありますよね。そんな時には、派手じゃないメイクをしようと意気込むあまり、メイクがついつい手抜きになってしまったり、普段は愛用しているアイテムでもメイクが派手になることを恐れて省略してしまうこともあるのではないでしょうか。

ナチュラルメイクは、手抜きをするメイクでも、少ないアイテムだけで終わらせるメイクでもありません。自然でナチュラルに見えるという点にポイントを置きながらも、使用するアイテムの数は、派手なメイクとはそう変わらないのです。ただし、ナチュラルメイクは素肌感を生かし、光と影のバランスを上手に生かすので、色選びは慎重に行ったほうが良いでしょう。

メイクのテクニックに自信がない人や、あまりナチュラルメイクに慣れていない人の場合には、まずはハイライトやシェーディングなどを使って光と影のバランスによってメイクのメリハリがつけられるように工夫するのがおすすめです。ハイライトは、ファンデーションよりもワントーンだけ明るいカラーを選び、光が当たって輝いているように見せますが、鼻筋、オデコのように、顔の中でも高さがある部分に使うと、より自然らしさが出ます。一方、シェーディングは光が当たった時に影となる部分を作るためのアイテム。こちらは、ファンデーションよりもワントーン色の暗いものを選びます。フェイスラインやエラなど、顔の中心ではなくフレーム部分に入れてあげることによって、小顔効果が期待できます。

アイメイク、リップメイク、チークなどは、ナチュラルメイクではなかなか簡単そうで難しいもの。派手じゃないメークをしたいのですから、派手なカラーは選ばずに、リップは唇よりもワントーンだけ明るめのリップの上にほんのり色がついているグロスをつけたり、チークもできるだけ薄付きにするなど、薄眼の色を上手に使って工夫しましょう。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンのオススメ

塗って乾かすだけでパッチリ二重まぶたがつくれる化粧品です。メイク時のワンポイントにぜひどうですか? 一重やたるんだまぶたをグ〜ンと美しくなりますよ♪ また二重の方でもより大きく形のよい二重まぶたにできます。自然素肌感覚でお使いいただけるので簡単、水に強いウォータープルーフタイプです。
▼詳細は下記商品画像を今すぐクリック! (※amazonですぐに購入も可能ですよ)

スポンサード リンク

このページのトップへ