ナチュラルメイクのやり方

ナチュラルメイクのやり方について

ナチュラルメイクは、スキンケアからベースメイク、そしてその後のアイメイクやリップメイク、チークなど、一つ一つのパーツごとに、何をどうすればナチュラルに見えるのかを計算しながら行わなければいけません。せっかく時間をかけてナチュラルメイクをしても、他人から見たらただのスッピンにしか見えないというのでは悲劇ですから、ナチュラルメイクの中でも、「スッピン?でもきれい!」と他人に言わせるようなアイメイクを最初にマスターしてはいかがでしょうか?

アイメイクと言えば、やっぱりデカ目が魅力的ですよね。日本人は欧米人と比べると、顔の凹凸も少なくて平坦ですし、目も小さめ。デカ目メイクは人気がありますが、貧が悪く見えてしまうため、職場によってはデカ目メイク禁止になっていることも。それをナチュラルメイクによって、いかにもメイクしています、というような感じではなく、とてもナチュラルなのに、デカ目効果も出してみましょう。

まず最初に、瞼のアイホール全体に、肌色と同じトーンのベージュのアイシャドウを塗っていきます。肌色とトーンが同じなので、厚塗りしているかどうかが分からないので、拡大鏡を使ってよく見ながら塗ってください。そして、ベージュを塗った部分と同じエリアに、今度はオレンジ色を載せていきます。この時、肌色に近いトーンのオレンジ色を選んだほうが、ナチュラルに見えます。そして、次に、二重の部分にゴールドのアイシャドウを乗せていきますが、目頭から目尻まで、薄くゴールドを入れましょう。濃く入れてしまうとナチュラル感がなくなるだけでなく、エンターテイメント的なメイクになってしまうので要注意です。下瞼には、白かオフホワイトのアイシャドウを入れて、涙袋を演出します。

次にアイライナー。ナチュラルメイクでは、アイライナーはブラックよりもブラウンがおすすめ。目頭や目尻の延長戦としてアイラインを伸ばすことで、目が大きく見えるという効果もありますが、ナチュラルメイクでは、あまり極端に伸ばすと変になってしまうので、伸ばす長さは長くても2ミリ程度にしておきます。そして、アイライナーは引きっぱなしではなく、その後に綿棒で軽くぼかしてあげたほうが、より自然な仕上がりになります。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンのオススメ

塗って乾かすだけでパッチリ二重まぶたがつくれる化粧品です。メイク時のワンポイントにぜひどうですか? 一重やたるんだまぶたをグ〜ンと美しくなりますよ♪ また二重の方でもより大きく形のよい二重まぶたにできます。自然素肌感覚でお使いいただけるので簡単、水に強いウォータープルーフタイプです。
▼詳細は下記商品画像を今すぐクリック! (※amazonですぐに購入も可能ですよ)

スポンサード リンク

このページのトップへ