ナチュラルなベースメイク方法

ナチュラルなベースメイク方法について

ナチュラルなベースメイクって憧れますよね?ナチュラルという言葉の響きからイメージすると、あまりベースメイクに手を掛けないという感じがしますが、ナチュラルな仕上がりだから手をかけていないというわけではありません。ナチュラルなベースメイクでも、基本的なメイクのプロセスは全く同じ。ただし、色選びなどに気を付けることで、よりナチュラルで自然な仕上がりになることができるのです。

ナチュラルに見えるベースメイクのポイントは、光が当たった時に顔にできる「影」をよく理解して、メイクでその影を作るという部分。芸術家のようなアート的なメイクをするわけではありませんが、メイクでほのかに影を付けてあげることによって、顔がより立体的に見えます。ファンデーションだけで顔に立体感を出すことはできませんが、ハイライトやポイントメイクなどを上手に使いこなしながら、自然な立体感が出るようにすると良いでしょう。影を入れたり明るさを出す場合には、ファンデーションよりもワントーン明るめか暗めを選択するようにしてくださいね。何トーンも明るすぎたり暗すぎたりすると、ナチュラル感がなくなってしまうので気を付けましょう。

ナチュラルなベースメイクをする前に、普段よりも徹底的な保湿ケアをしておくことも大切です。素肌の感じがそのまま演出できるようなメイクに仕上げるためには、やはり土台となる自分の素肌の質も大切。化粧水の後にパックをしたりして、細胞の一つ一つが飽和状態になるまで水分をキープしている状態を作ってから、ベースメイクを始めたほうが、仕上がりがきれいになります。

ベースメイクの中でもとても重要なファンデーションは、ナチュラルな仕上がりを目指したい場合には、リキッドタイプかクリームタイプ、BBクリームあたりが良いでしょう。できるだけ薄く塗っていきますが、素肌が持っている透明感を隠してしまわないほど薄付きにしてあげるのがポイントです。そして、ベビーパウダーやルースパウダーなどで、肌から浮き出てくる皮脂によってせっかくのメイクが崩れてしまわないように、薄いベールをかけてあげましょう。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンのオススメ

塗って乾かすだけでパッチリ二重まぶたがつくれる化粧品です。メイク時のワンポイントにぜひどうですか? 一重やたるんだまぶたをグ〜ンと美しくなりますよ♪ また二重の方でもより大きく形のよい二重まぶたにできます。自然素肌感覚でお使いいただけるので簡単、水に強いウォータープルーフタイプです。
▼詳細は下記商品画像を今すぐクリック! (※amazonですぐに購入も可能ですよ)

スポンサード リンク

このページのトップへ