ベースメイクの色の選び方

ベースメイクの色の選び方について

ベースメイクを選ぶとき、多くの人が迷ってしまうことと言えば、そうです、色選びですね。ファンデーションやコンシーラーなどは、できるだけ自然で目立たないような色の方が良いので、色選びをする場合には、慎重にいくつかのカラーを乗せながら、自分の肌にはどの色が良いのかを選ばなければいけません。

ベースメイクの色選びをする際には、自分の肌の色を知っておくことも大切です。同じ日本人でも、肌の微妙な色合いやトーンは個人差があるため、同じファンデーションを使いまわしてもシックリに会う人もいれば、まったく色合いが合わずに変な感じになってしまう人もいます。自分の肌のトーンをチェックするためには、まず、手首の内側にある静脈の色をチェックしてみましょう。静脈の色は何色に見えますか?青く見えますか?それとも、緑に見えますか?静脈が緑色に見える人は、肌色に黄色みが強く入っている人。ベースメイクの色選びでも、黄色みの強いカラーを選んだほうが、よりナチュラルな仕上がりになります。

手首の内側は、意外と日焼けしにくい場所なので、自分が持っている肌の本来の色をチェックすることができるので、ベースメイクのカラー選びをするときには、ぜひ参考にしてくださいね。

肌の黄色みが強い人は、肌がくすみやすいという特徴があります。そこで、メイクの下地にはパープルを選んでみましょう。肌のくすみが目立たなくなります。一方、赤ら顔のように肌が赤くなりやすい人の場合には、メイクの下地は緑色がおすすめ。赤さが目立ちにくくなります。

自分の肌トーンや色合いを知っておくと、ベースメイクの色選びだけではなく、ポイントメイクのカラーを選ぶ際や、服の色を選ぶ場合などにも役立ちます。ポイントメイクも服も、自分の肌と類似している色の方が、よりナチュラルに見えます。例えば、黄色みの強い肌の人なら、ピンク系のリップよりもオレンジ系のリップの方がより自然に見えるので似合うということになります。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンのオススメ

塗って乾かすだけでパッチリ二重まぶたがつくれる化粧品です。メイク時のワンポイントにぜひどうですか? 一重やたるんだまぶたをグ〜ンと美しくなりますよ♪ また二重の方でもより大きく形のよい二重まぶたにできます。自然素肌感覚でお使いいただけるので簡単、水に強いウォータープルーフタイプです。
▼詳細は下記商品画像を今すぐクリック! (※amazonですぐに購入も可能ですよ)

スポンサード リンク

このページのトップへ