ベースメイクのやり方

ベースメイクのやり方について

メイクが長持ちするベースメイクのやり方をご紹介しましょう。まず、ベースメイクを始める前に、基本的なスキンケアから始めましょう。洗顔は洗顔剤を使って行ったほうが、毛穴に詰まった皮脂や汗などがスッキリと洗い落とせるのでおすすめですが、普段から洗顔剤は使わないという人なら、無理に洗顔剤を使う必要はありません。スッキリ洗顔をしたら、肌が渇いてしまわないうちに、化粧水を肌につけ、細胞の間に水分をおしこめるような感じで何回か重ねづけしていきます。手のひらが頬に吸い付くような感じまで保湿できればOKです。

化粧水で与えた水分は、乳液かクリームで蓋をしてあげる必要があります。どちらでも保湿効果はありますが、さっぱりが好きな人なら乳液、シットリが好きな人ならクリームが良いのではないでしょうか。

さて、肌に充分な保湿ができたところで、いよいよベースメイクを始めましょう。まずは、ファンデーションの下地ですが、最近では下地に日焼け止め成分が配合されているものも多いので、メイクが崩れやすい人なら、こうした多機能な下地を活用するのがおすすめ。日焼け止めは、日焼けが気になる季節だけではなく、秋や冬でもきちんとつけて、シミの原因を確実に予防してあげることが必要です。

下地を塗ったら、肌トラブルをカバーするためのポイント下地を乗せてから、ファンデーションを塗っていきます。この時、ケーキタイプとパウダータイプの場合には、コンシーラーを最初に乗せてからファンデーションを使いましょう。リキッドタイプやクリームタイプの場合には、ファンデーションの後にコンシーラーを使います。

ファンデーションを乗せたら、メイクが長時間崩れないように、最後にパウダーをはたきます。ルースパウダーやブレストパウダーなどがありますが、使用感で選ぶと良いでしょう。ベビーパウダーで代用しても、かなり満足度の高い仕上がりになりますよ。パウダーをはたくことで、ファンデーションの持ちが良くなるという以外に、肌のべたつき感が一掃されるので、その後のポイントメイクもしやすくなるというメリットがあります。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンのオススメ

塗って乾かすだけでパッチリ二重まぶたがつくれる化粧品です。メイク時のワンポイントにぜひどうですか? 一重やたるんだまぶたをグ〜ンと美しくなりますよ♪ また二重の方でもより大きく形のよい二重まぶたにできます。自然素肌感覚でお使いいただけるので簡単、水に強いウォータープルーフタイプです。
▼詳細は下記商品画像を今すぐクリック! (※amazonですぐに購入も可能ですよ)

スポンサード リンク

このページのトップへ