ナチュラルメイクの下地の選び方

ナチュラルメイクの下地の選び方について

素肌感を最大に生かしたいナチュラルメイクは、アイメイクやリップなどのポイントメイクよりも、化粧水や美容液などのスキンケア、そしてファンデーションなどのベースメイクがとても大切となります。ファンデーションを塗る前にスキンケアでたっぷり水分補給をしてあげることで、ファンデーションを塗った後の仕上がりが、透明感のある肌になったり、モチモチ感が表現できたりするわけですが、スキンケアではシミやクマ、ニキビ跡、シワのような肌トラブルをカバーできるわけではありません。このトラブルの部分をカバーするのが、ファンデーションの下地とコンシーラーの役割りとなります。

ファンデーションの下地を選ぶ際には、できるだけ使用感が軽く、薄付きにできるものを選びましょう。スキンケアの上に下地やファンデーション、日焼け止めクリームなど、いくつもレイヤーを重ねると、レイヤーが増えれば増えるほど化粧は崩れやすくなってしまいます。そのため、日焼け止め効果のある下地を選び、重ねるレイヤーの数を少なくしてあげる工夫も良いでしょう。

下地とファンデーションの重ねづけでは、ゴワゴワ感が出てしまうという場合には、下地が必要ないBBクリームを使うという方法もおすすめです。BBクリームは敏感肌の人でも安心して使えるだけでなく、肌トラブルを起こしにくいというメリットがありますが、カバー力がイマイチなので、コンシーラーとの併用は必要不可欠です。国内ブランドのものなら、日本人の肌のトーンに合わせてラインナップされていることが多いので、色選びも難しくありませんが、海外からの輸入品の場合には、色が明るすぎるものも多いので、肌の色に会うものを選ぶようにしましょう。

ファンデーションの下地を塗ったら、ベタベタしているままファンデーションを塗ってしまうとよれやすいので、ある程度乾くまで時間を置きましょう。ただし、カラカラに肌が乾燥してしまうとファンデーションのノリが悪くなってしまうので、肌がまだ湿っている状態になった頃にファンデーションを塗ると良いでしょう。リキッドファンデでもクリームファンデでも、下地があるのとないのではメイクの持ちが違うので、省略しないで使ったほうが良いですよ。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンのオススメ

塗って乾かすだけでパッチリ二重まぶたがつくれる化粧品です。メイク時のワンポイントにぜひどうですか? 一重やたるんだまぶたをグ〜ンと美しくなりますよ♪ また二重の方でもより大きく形のよい二重まぶたにできます。自然素肌感覚でお使いいただけるので簡単、水に強いウォータープルーフタイプです。
▼詳細は下記商品画像を今すぐクリック! (※amazonですぐに購入も可能ですよ)

スポンサード リンク

このページのトップへ