寝る前のリップケア

寝る前のリップケアについて

どんなにカサカサしている唇でも、寝る前のリップケアを心がけていれば、翌朝にはプルプルのリップへと変身することができます。

唇はもともと皮脂分泌が行われいない場所。しかし、洗顔をすれば唇のオイル成分も容赦なく取れてしまいますし、普段の生活の中でも食事や歯磨きなどで、唇をこすったりして刺激を受けやすいため、唇は常に乾燥しやすい状態になっています。

唇は、リップケアをしてあげないとどんどん乾燥してしまうため、空気が乾燥する季節などには、あっという間に唇はカサカサになり、ひどい場合には唇が切れてしまう場合もあります。その為、唇が乾燥しやすい人は季節を問わずに毎日リップケアをしたり、乾燥しにくい人でも空気が乾燥する季節にはリップケアを心がけることが大切です。

リップケアの方法はたくさんあります。その中でも、もっとも最短で効果的なケアができるのは、寝る前。夜寝ている間に新陳代謝が行われるので、そのタイミングに合わせて唇の乾燥やダメージをリセットすることができるというわけです。

寝る前のリップケアは、夜の入浴直後からスタートするのがおすすめです。

入浴後には唇だけではなく体全体が乾燥しやすいので、スキンケアやボディケアをしますよね?その流れで、唇にもたっぷりと保湿用のクリームなどを塗ってリップケアをしてあげましょう。リップ用のクリームを塗っても良いですし、乾燥がひどい場合には、軟膏やハンドクリームなどを唇に塗るのもOK。ただし、クリームの種類によっては、唇が色素沈着してしまう可能性もあるので気を付けましょう。色素沈着のリスクが少なく高い保湿効果があるのは、ワセリンなどの軟膏系。つけてからしばらくはベタベタする感じもありますが、高い保湿効果があるので、ひび割れしているリップなどには、ワセリンによる保湿が良いかもしれませんね。

唇が保湿クリームでベタベタした状態で寝るのが、寝る前のリップケア。寝るまでに唇のベタベタが取れてしまった場合には、寝る前にさらにクリームを追加して、ベタベタにしてから寝るようにしましょう。

スポンサード リンク

リップエステの紹介

イオンクレンジングと温熱ケアでお家でしっかり唇エステできると評判の『HITACHI リップクリエ【リップエステ】 バイオレット NR-700-V』が今大人気となっています。クレンジングや洗顔だけでは落としきれない、くちびるに残った化粧品や汚れもすっきり♪ また温熱ヘッドで気持ちよく唇をケアできますので興味がありましたらぜひ詳細をご覧になってみてくださいね!

このページのトップへ