リップケア グロス

リップケア リップグロスの使い方について

唇のカサカサや乾燥を予防するためのアイテムというよりは、唇につやを出してウルウルに見せたい時に活用できるアイテムとして知られているのがリップグロス。リップグロスは、スッピンの唇にそのまま縫ってももちろん良いのですが、口紅を塗った後の最終的な仕上げとして使うのが定番な使い方。濡れたような唇を演出することができるという効果が期待できるアイテムです。

リップグロスには、どんな色の口紅にも対応できるような透明タイプのものもありますが、ピンクやオレンジなど、ほのかにカラーがついているもののほうが多いようですね。その為、グロスを選ぶ際には、この発色が大きな選び方のポイントになります。リップグロスは基本的に透明感のあるテクスチャーの上にほのかに色が乗っているような感じなので、あまり薄い色を選んでしまうと、唇の色に負けてしまいます。グロスの色が全然わからないということにもなるので気を付けましょう。そうした悲劇を避けるためには、見た目には「少し濃いかもしれないな」というぐらいのカラーを選んだほうが良いみたいですね。

リップグロスは、口紅の後につけるアイテムですが、質感によっては口紅を長持ちさせてくれたり、唇の乾燥を防いでくれるという効果が期待できるものもあります。口コミや評判を参考にしながら、多くの人が使っているグロスに挑戦してみると、たくさんあるグロスの違いが分かるのではないでしょうか。

リップグロスは、種類によって使い分けることもできます。例えば、透明なグロスなら、唇の中心部分だけに乗せることで、唇が自然にウルウルしている感じを演出できますし、色付きグロスなら、ほとんど発色しないという特徴を生かして、口紅を塗らない日に乾燥防止のためにリップスティックの後につけるのも良いでしょう。最近では、携帯ストラップがついている便利なグロスも登場しているのだとか。ちょっとしたメイク直しにさっと使うことができるのは便利ですね。

グロスは、シーンごとに使い分けるのがおすすめです。

スポンサード リンク

リップエステの紹介

イオンクレンジングと温熱ケアでお家でしっかり唇エステできると評判の『HITACHI リップクリエ【リップエステ】 バイオレット NR-700-V』が今大人気となっています。クレンジングや洗顔だけでは落としきれない、くちびるに残った化粧品や汚れもすっきり♪ また温熱ヘッドで気持ちよく唇をケアできますので興味がありましたらぜひ詳細をご覧になってみてくださいね!

このページのトップへ