リップケアの方法

リップケアの方法について

「スキンケアには気を使っているのに、リップだけはいつもカサカサ・・」
「正しいリップケアの方法がわからない・・」

という人は少なくありません。唇も肌の一部なので、基本的なスキンケアはそのほかの部分のスキンケアと変わることはありません。しかし、唇は顔の中でも唯一、皮脂分泌が行われていない場所なので、とても乾燥しやすく、普段の生活の中でも食事の際や歯磨きの際などに刺激を受けて、肌トラブルを起こしやすい部分でもあります。その為、リップケアは基本的なスキンケアに加えて、さらに念入りなケアをすることが必要です。

皮脂分泌が行われていない唇は、皮脂によって毛穴がつまり、ニキビができてしまうという肌トラブルは心配する必要がありません。まれに、内臓の調子が悪くて唇の横にブツブツなどができる場合もありますが、その場合でも、唇にブツブツができているわけではなく、唇の横の皮膚にできていますよね?唇そのものが、ニキビなどのトラブルを起こすというケースは、かなりまれです。

しかし、皮脂分泌が行われていない唇は、普段の生活の中で刺激を受けやすく、乾燥しやすくなっています。体内から保湿成分を分泌できない分、リップケアによって保湿ケアを行う必要があります。リップケアの中でも基本になるのは、保湿。リップスティックを使ったり、保湿用のクリームを使ったりして唇の乾燥を予防してあげることが、乾燥してカサカサになったりひび割れしないための第一歩となります。

どのような方法で保湿ケアをするのが良いのでしょうか?

リップケアのために市販されているリップスティックは、携帯するのに便利で使いやすいというメリットがありますが、保湿という点では、それほど優秀というわけではありません。肌の新陳代謝に合わせて唇も確実に保湿して質改善するためには、夜入浴した後に唇にも化粧水や乳液などでスキンケアをおこなった後、軟膏のようなタイプの保湿剤を唇につけてあげる方法がおすすめです。さらに乾燥がひどい場合には、保湿剤をたっぷりと唇に塗った後、サランラップを唇にくっつけて、2,3分放置します。そうすることで、保湿成分がスピーディに唇に吸収されるので、カサカサしていた唇も、わずか一日でプルプルのリップへと変身できます。

スポンサード リンク

リップエステの紹介

イオンクレンジングと温熱ケアでお家でしっかり唇エステできると評判の『HITACHI リップクリエ【リップエステ】 バイオレット NR-700-V』が今大人気となっています。クレンジングや洗顔だけでは落としきれない、くちびるに残った化粧品や汚れもすっきり♪ また温熱ヘッドで気持ちよく唇をケアできますので興味がありましたらぜひ詳細をご覧になってみてくださいね!

このページのトップへ