ヘアアイロンでくせ毛を直す方法

ヘアアイロンでくせ毛を直す方法について

くせ毛を治す方法の中でも多くの人が活用しているのが、ヘアアイロンを使った方法。ヘアアイロンは、ヘアドライヤーよりも高温で使えるだけでなく、髪の表面をアイロンの熱で溶かすことで思い通りの髪型をセットできるのが特徴です。

ヘアアイロンを使ってくせ毛をストレートヘアにするなら、ストレートアイロンがおすすめです。ストレートアイロンにもいろいろなアイロン幅が販売されていますが、毎朝の手間を省くため、幅が広めのもの使ったほうがヘアセットを時短できます。幅が細めのアイロンだと、ストレートヘアを作るのがとても大変です。ヘアアイロンの中には、カールを作れるアイロンとストレートアイロンが2機能ついている多機能アイロンもありますが、ストレートヘアを作ることが多い人なら、幅広アイロンを購入するのも良いでしょう。

ヘアアイロンを使う場合には、必ず髪は乾かしてから使うことが大切です。髪が濡れていると、髪表面のキューティクルがダメージを受けやすくなってしま酢。その状態で高熱のヘアアイロンを使ってしまうと、髪が焦げてしまいます。実際に焦げるにおいがするので気を付けましょう。乾いた髪にブロー用スプレーを使うのも良いかもしれませんね。

ストレートアイロンでくせ毛を治す場合には、一度にアイロンする髪の量は少量にして、アイロンの熱が全ての髪に伝わるようにかけていくのがおすすめです。分厚い髪の束にアイロンをしても、アイロンに触れる表面の髪しかストレートになりません。何回もアイロンをかければ、髪の表面が傷んでしまいます。そうならないように、少量の髪の束を丁寧にアイロンしていくと良いでしょう。アイロンはゆっくりスライドして、一か所で手を止めないようにしましょう。

ヘアアイロンでクセを治す方法は、頭のハチの下の方から少しずつアイロンをかけていく方法が良いでしょう。髪をいくつかのパーツに分けてからヘアアイロンをすえれば、内側の髪でもスピーディにアイロンでヘアスタイルを整えることができそうですね。

スポンサード リンク


人気ストレート・ヘアアイロンの紹介

マイナスイオンと遠赤外線の効果により、湿熱状態で毛表皮を整えて、なめらかな毛表皮に変化させる今話題のヘアアイロンが「アズスタイルEX」です。遠赤外線により髪を芯から温め、コルテックスを再構築し毛髪内の大きな水分を水の分子に変え保水力をアップさせ、しっとりと艶のある髪に仕上げます。 最高温度が230℃までの温度設定ですので、今まで低温度で縮毛が伸びなかった方でも驚くほどストレートになると人気ですよ♪



スポンサード リンク
このページのトップへ