ハンカチを使った香水のつけ方

ハンカチを使った香水のつけ方について

香水には、揮発性のエタノール成分だけでなく、香り成分としてさまざまな成分が配合されています。その為、肌が敏感な人や弱い人にとっては、香水に含まれている成分によって痒くなったり赤くなったり、アレルギーの症状が出てしまうこともあるようです。香水をつけたいのにつけられないのは、かなりショックですよね。

そんな人にぜひおすすめなのが、ハンカチを使った香水術。体に香水をつけるのではなく、ハンカチやティッシュなどに香水を軽くスプレーし、体に近くて温度が高くなりやすい部分にハンカチをしまっておくという方法です。香水に含まれている揮発性のエタノールは、体温が高い場所ほど揮発するので、良く香ります。ハンカチを服のポケットではなく、内ポケットや下着の中など、体温によって温まりやすい部分にハンカチをしまうのは、そのためですね。ただし、彼とのデート中に下着の中からハンカチが登場したら、事情を知らない彼の場合にはドン引きしてしまうかもしれませんから注意しましょう。

ハンカチに香水をつける場合には、ハンカチを広げた状態で、香水を30センチぐらい離して軽く1プッシュします。そうすると、ハンカチ全体に香水成分が振りかかるので、ほのかに香りを楽しむことができます。ハンカチをたたんだ状態でプッシュすると、香水成分がかかる面積が少なくなってしまうので香りにくくなりますし、香水をハンカチに近づけてプッシュすると、ハンカチが濡れてしまったりシミの原因になったりするので気を付けましょう。

ハンカチと同じようなメカニズムで香水を楽しむ方法に、下着に香水をつけるという方法があります。下着ならハンカチと同じ要領で使えるというだけでなく、体に最も近い部分にあるので体温によって香水のエタノール成分が揮発し、まるで体に直接香水をかけているような効果を実感できるのではないでしょうか。

また、衣類に香水をつけるという方法もあります。ただし、香水は直射日光に当たるとシミの原因になってしまうので、衣類につける場合には服の内側に使いましょう。そして、クリーニングなどは定期的に利用して、シミを予防してくださいね。

スポンサード リンク

"飲むフレグランス"エンプレスローズの紹介

香水といえば付けるもの・・・といったイメージが強いですが、今回紹介する今話題のエンプレスローズはなんと"飲むフレグランス"となります。本物純粋ローズが口臭・体臭・加齢臭を高貴なバラの香りに変えてくれると大人気となっていますよ♪
原材料も合成ローズ香料は使っておらず、高級ブルガリア産ダマスクローズオイルのみ使用で、飲めばバラの香りが全身を駆け巡る素敵な「香りのサプリ」です^^ 興味がありましたらぜひ詳細をご覧になってみてくださいね!
エンプレスローズの詳細はこちらとなります



スポンサード リンク
このページのトップへ