男性の香水のつけ方

男性の香水のつけ方について

昭和の時代には香水をつけるメンズもまだまだ少なかったため、香水をつけていると「気取った男」だなんて後ろ指を指されてしまうこともあったようですが、近年ではメンズも香水は社会人としてのマナーに必要なアイテムとなっています。ビジネスマンにとっては、汗臭い悪臭を放つよりも香水の良い香りを放ったほうが他人にとっても不快感を与えませんから、香水をつけるように症例される職種もあったりするのだとか。

香水にはレディース用とメンズ用がありますが、メンズ用はエタノールの濃度も薄く、大量に使ってもそれほど嫌味になるような濃い香りにはならないように配慮されています。女性なら、1プッシュした香水を少しずつ体のあちこちに分散させるのが【正しいつけ方】と言われていますが、同じ作業をメンズがやったら、なんだかオネエっぽくて嫌ですし、見た目にも男らしくはありませんよね。メンズ香水は、大量につけても他人から不快に思われない濃さになっているので、ボディミスト感覚で使っても問題ありません。

男性の香水は、一日の初めにシャワーを浴びて清潔な体にしてから使うのが大原則。寝ている間にも汗をかきますし、皮脂も分泌されます。女性よりも皮脂分泌量が活発な男性は、香水をつけるなら朝にさっとシャワーを浴びるようにしましょう。清潔な体に香水をつけたほうが、香水だけの香りが周囲に漂うのでお勧めですよ。

メンズの香水はレディース用と比べて濃度が薄くなっていますが、基本的に1か所に1プッシュです。体全体のトータルで1プッシュにする必要はありませんが、首に1プッシュ、ウエストあたりに1プッシュ、手首の内側に1プッシュぐらいがちょうどよいのではないでしょうか。一か所に固まった大量に使うのではなく、体全体にバランスよくプッシュするのが、男性の香水の正しいつけ方と言われています。基本的に、どこにつけなければいけないというルールがあるわけではないので、つけたい部分に使って問題ありません。ただし、良く香るという点では、体温が高い部分に使ったほうが良いみたいですね。

スポンサード リンク

"飲むフレグランス"エンプレスローズの紹介

香水といえば付けるもの・・・といったイメージが強いですが、今回紹介する今話題のエンプレスローズはなんと"飲むフレグランス"となります。本物純粋ローズが口臭・体臭・加齢臭を高貴なバラの香りに変えてくれると大人気となっていますよ♪
原材料も合成ローズ香料は使っておらず、高級ブルガリア産ダマスクローズオイルのみ使用で、飲めばバラの香りが全身を駆け巡る素敵な「香りのサプリ」です^^ 興味がありましたらぜひ詳細をご覧になってみてくださいね!
エンプレスローズの詳細はこちらとなります



スポンサード リンク
このページのトップへ