おすすめのフリージア香水

おすすめのフリージア香水について

大好きなお花があれば、その香りをメインに作られている香水を身にまといたいですよね。レディース用の香水には、そんなお花の香りを基調にしている香水もとても多く、ローズ系、オレンジ系、シトラス系など、たくさんのお花が香水の原料として採用されています。春の香りとして代表的なフリージアも、そんな香水としてぜひ身にまといたい香りの一つではないでしょうか。

スズラン、ライラック、スミレなど、春の香りにもいろいろなものがありますが、花の色によって異なる香りを楽しめるフリージアは、女性から大人気のお花。イエローやホワイトが人気ですが、香水としてのフリージアは、どのような香りがするのでしょうか。フリージアが大好きな人なら、いろいろなフリージア系香水を楽しみながら、香りの違いを堪能するというのも良いかもしれませんね。

■ホワイトフリージア
フリージア系香水の中でも、特に人気が高いのは、このホワイトフリージア。香水ブランドの中ではあまり知名度が高いわけではありませんが、フリージアの香りを思う存分に楽しみたい人には一押しの香水です。フリージアの花束から漂う、あのフローラルな香りをぎゅっとボトルに閉じ込めたのが、このホワイトフリージア。
レディースから大人気の香りですが、ユニセックス仕様となっているので爽やか系の香りを楽しみたいメンズにもおすすめです。香りは割と薄めになっているので、思わずたくさんつけすぎても香りが強すぎることは少ないのも、このホワイトフリージアの魅力かもしれませんね。ネットショップで購入できて、価格は3990円ぐらいです。

■アントニアズ フラワーズ
ニューヨークの高級避暑地ハンプトンには、毎年春になるとフリージアが咲き乱れるのだとか。そんな避暑地のフリージアをイメージして作られたのが、アントニアズフラワーズです。フリージアな香りが基調となっている中に、ジャスミンやユリ、マグノリアなどの香りがパンチを聞かせているこの香り。すれ違う人が振り返り、「ブーケの香りがする!」と言わしめるほど、フローラルな香りを楽しむことができます。アメリカでは繊細で優雅な香りとして、ロングセラーにもなっているのだとか。

スポンサード リンク

"飲むフレグランス"エンプレスローズの紹介

香水といえば付けるもの・・・といったイメージが強いですが、今回紹介する今話題のエンプレスローズはなんと"飲むフレグランス"となります。本物純粋ローズが口臭・体臭・加齢臭を高貴なバラの香りに変えてくれると大人気となっていますよ♪
原材料も合成ローズ香料は使っておらず、高級ブルガリア産ダマスクローズオイルのみ使用で、飲めばバラの香りが全身を駆け巡る素敵な「香りのサプリ」です^^ 興味がありましたらぜひ詳細をご覧になってみてくださいね!
エンプレスローズの詳細はこちらとなります



スポンサード リンク
このページのトップへ