クリードの香水アバントゥスの魅力

クリードの香水アバントゥスの魅力について

「選ばれた人だけに似合う香水」として販売されているからでしょうか、それとも価格が高すぎて私たちのような庶民には手が出ないからでしょうか、愛用者はセレブや王室などがメインという高級な香水の中でも特に高級感あふれるのが、クリードのアバントゥス。アマゾンや楽天のようなネットショップでも購入できますが、何瀬価格が3万円という香水にしては驚きの価格なので、購入者もあまり多くはないようです。店舗側も、それを見越して在庫をあまりたくさんキープしていないため、多くのネットショップでは「あと1点のみ」「残りわずか」と表記されることが多いようです。

さて、このクリードのアバントゥスは、フルーティな香りの中にもシブレ系の香りを楽しむことができる香水。トップノートには、アップル、パイナップル、ブラックカラント、ベルガモットが使われていて、柑橘系の香りで香りがスタートします。そして、少しずつジャスミンやバーチ、ジュニバーベリーなどのミドルノートのサッパリ系な香りに包まれていき、最終的にはムスク、アンバーグリス、バニラ、オークモスなどの、セクシー系かつ甘みも少し残したラストノートで締めくくられています。

クリードからは他にもいくつかの香りがラインナップされていますが、それらに共通するのは、どれも濃厚な香りということ。湿度が高い日本においては、こうした濃厚な香りだとムッときてしまうひとも多いのであまり爆発的な人気にはなりにくいのですが、空気が乾燥しているヨーロッパ地方では、濃厚な香りを身にまとうのが、高級貴族らしい生き方と考えられる風潮もあるため、どの人も濃厚でムッとくるような香りを選ぶようですね。クリードのアバントゥスも、かなり香りは濃厚で強いので、少量を足首などの下半身につけて、ほのかな香りを楽しむようにしたほうが良いかもしれません。上半身につけてしまうと、自分自身が香りによってしまうことも考えられます。

スポンサード リンク

"飲むフレグランス"エンプレスローズの紹介

香水といえば付けるもの・・・といったイメージが強いですが、今回紹介する今話題のエンプレスローズはなんと"飲むフレグランス"となります。本物純粋ローズが口臭・体臭・加齢臭を高貴なバラの香りに変えてくれると大人気となっていますよ♪
原材料も合成ローズ香料は使っておらず、高級ブルガリア産ダマスクローズオイルのみ使用で、飲めばバラの香りが全身を駆け巡る素敵な「香りのサプリ」です^^ 興味がありましたらぜひ詳細をご覧になってみてくださいね!
エンプレスローズの詳細はこちらとなります



スポンサード リンク
このページのトップへ