服への香水のつけ方

服への香水のつけ方について

香水はもともと体に直接つける美容アイテム。香水に美肌成分などが含まれているわけではありませんが、香水に含まれているエタノールという揮発成分が、体温によって揮発しながら香りを周囲に漂わせてくれます。しかし、体に直接香水をつける事に抵抗がある人や、肌が敏感で香水によってアレルギー反応が出てしまう場合などには、香水は体に直接ではなく、福やハンカチなどにつけて、それを身にまとうという方法もおすすめです。

服に香水をつける場合には、動くたびに揺れるスカートがおすすめです。ジーンズなどに使うこともできますが、香水の香りが周囲に漂うという効果はあまり期待することができません。パンツスタイルの場合には上半身の服に香水をつけたり、スカートをはく場合には下半身の足首や太ももの内側などに香水を使うなど、服に合わせてつけ方も調整すると良いでしょう。

服に香水をつける際には、いくつか注意点があります。

香水は、直射日光に当たるとシミの原因となってしまいます。これは、服だけではなく肌に直接香水をつける場合にも共通することで、香水をつける際には、できるだけ香水の成分が直射日光に触れない部分を選んでつけることがとても大切です。特に、ドライクリーニングなどで着用するたびに洗えない服の場合には、できるだけ香水はつけないほうが良いでしょう。

服に香水をつけるのは、できるだけ肌に近い部分にある衣類。下着につけても良いですし、ブラウスやストッキング、スカートなど、肌に近い部分で体温に合わせて香りが漂うような場所を選んで使うとよいでしょう。スカートやパンツなどに使う場合には、直射日光を受けずに体に近い部分となる「裏地」につけるのがおすすめです。

また、服に香水をつけると、香水の成分が服の繊維にしみこむため、香りが残ってしまうというデメリットもあります。ずっと同じ香水を使っている人ならそれでもあまり問題はありませんが、毎日その日の気分で香水を使い分けている人の場合には、複数の香水が混じってしまって変な香りになってしまう可能性もあるので気を付けてくださいね。

スポンサード リンク

"飲むフレグランス"エンプレスローズの紹介

香水といえば付けるもの・・・といったイメージが強いですが、今回紹介する今話題のエンプレスローズはなんと"飲むフレグランス"となります。本物純粋ローズが口臭・体臭・加齢臭を高貴なバラの香りに変えてくれると大人気となっていますよ♪
原材料も合成ローズ香料は使っておらず、高級ブルガリア産ダマスクローズオイルのみ使用で、飲めばバラの香りが全身を駆け巡る素敵な「香りのサプリ」です^^ 興味がありましたらぜひ詳細をご覧になってみてくださいね!
エンプレスローズの詳細はこちらとなります



スポンサード リンク
このページのトップへ