ふきとり化粧水

ふきとり化粧水について

化粧水にもいろいろなタイプがあり、シュッとスプレーして肌全体に吹きかけるミストタイプも在れば、コットンを使って肌の表面に残っている角質を取り除くふき取りタイプなどもあります。それぞれの化粧水のタイプによってメリットやデメリットがありますが、ふき取り化粧水はどんな時におすすめで、どんな場合には控えた方が良いのでしょうか?

肌の表面には、ターンオーバーでもなかなか剥がれ落ちない古い角質がいつまでも残っていたり、脂や汚れがこびりついていたりして、毎日の洗顔だけではなかなか汚れを完全に落としきれない事も少なくありません。肌の表面の汚れは、放置しておくと蓄積されて慢性化してしまうため、定期的にお手入れによって汚れを取り除いてあげる作業が必要です。ふき取り化粧水なら、化粧水というスキンケアのステップの中で、肌表面の汚れを取り除くことができます。

ふき取り化粧水によって肌表面の汚れを取り除けば、化粧水の次に使用する美容液や乳液などの浸透率もアップしますし、肌のゴワゴワ感を解消する事もできます。正しい使い方をすれば肌にプラスの効果が期待できるふき取り化粧水ですが、間違った使い方をすると、コットンの摩擦などによって肌表面に大きなダメージを与えてしまう事にもなるので気をつけなければいけません。

ふき取り化粧水を使う場合には、コットンに化粧水をヒタヒタにたっぷりつけて、肌をゴシゴシ擦るのではなく、パッティングするような感じで肌の毛穴に化粧水成分を浸透させるように使用するのが大切です。ゴシゴシ擦ると肌にダメージを与えて、肌がくすみやすくなったり、ニキビができやすくなったりしてしまうので気をつけてくださいね。

ふき取り化粧水の中でも人気があるのは、クリニークやSK-IIなどのブランドではないでしょうか。クリニークは肌のターンオーバーを活性化する事で透明感をアップできる成分がたっぷり配合されていますし、SK-IIには肌表面に残っているメラニンを取り除く事で高い美白効果を得る事ができるような工夫がされています。

ふき取り化粧水を選ぶ際には、肌との相性はもちろん、どんな効果が期待できるのかも考えながら選ぶと良いでしょう。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [スキンケア化粧水館]について

化粧水の付け方や使い方の基礎知識をはじめとして、資生堂やアテニアなど各メーカー化粧水の解説や、ゆずや梅干しの実、どくだみ、お酒等の化粧水説などなど化粧水について幅広く奥深くまで解説した化粧水専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [スキンケア化粧水館] TOPページへ戻る



スポンサード リンク
このページのトップへ