化粧水の使い方

化粧水の使い方について

化粧水をつかない人はいないと思いますが、化粧水の正しい使い方を知っている人は意外と少ないようです。化粧水は正しい方法で使えば肌にプラスの効果を与える事ができますが、間違った使い方では、化粧水の効果を実感できないばかりか、肌にダメージを与えてしまう事にもなりかねません。

化粧水は、コットンではなく、できれば掌にとって使った方が肌にとっては効果的です。化粧品ブランドの中には、コットンでふき取るタイプの化粧水などもたくさんありますが、コットンをずっと使い続けている人の肌を見ると、にキビ・シワ・シミなどの肌トラブルがなかなか解消しないばかりか、肌トラブルを起こしやすい肌質になってしまう事も多いようです。これは、コットンで肌をふき取る際に、コットンの繊維が肌の表面に傷をつけてしまうから。また、化粧水成分がコットンに吸収されてしまい、肌にうるおいを与える事ができない場合も多いようです。

化粧水をつけて肌をパンパンと叩いている人も多いですよね。実は、肌を余りパンパンとたたきすぎると、赤ら顔になりやすいといわれています。肌を叩いて肌細胞をブルブルと振動させながら化粧水成分を肌の内側に浸透させようという目的で私達はパンパンと顔を叩くのですが、肌はそんなに叩かなくても、掌で抑えてパッティングするだけで内側に成分が浸透していきます。

化粧水をつける時に、化粧水がさらさら過ぎて垂れ落ちてしまい、肌の表面に塗布できる量がほとんどなくなってしまう事も少なくありません。そんな場合には、掌にすくって使うだけでなく、スプレータイプの化粧水を使ったり、ジェルタイプの化粧水を使ったりしながら、顔全体にバランスよく化粧水がつくような工夫をするのも良いでしょう。

化粧水は1度さっとつけるだけよりも、少量を何回かに分けて重ね付けした方が、肌にとってはプラスの効果があるといわれています。時間をかけてパッティングしながら、化粧水をできるだけ肌の内側に浸透させてあげる事ができるように使ってみてください。その後に美容液や乳液を使うのも忘れずに。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [スキンケア化粧水館]について

化粧水の付け方や使い方の基礎知識をはじめとして、資生堂やアテニアなど各メーカー化粧水の解説や、ゆずや梅干しの実、どくだみ、お酒等の化粧水説などなど化粧水について幅広く奥深くまで解説した化粧水専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [スキンケア化粧水館] TOPページへ戻る



スポンサード リンク
このページのトップへ