化粧水のつけ方

化粧水のつけ方について

洗顔によって奪われてしまった水分を肌に補給する事が出来る化粧水は、正しいつけ方をしているかどうかによって、肌細胞のひとつひとつに補給できる水分量が大きく事なります。間違った化粧水のつけ方をしていると、水分補給されない部分が出てしまう事も多いものです。そうすると、どんなに優秀な化粧水をつけていても効果を実感できないどころか、肌の乾燥がどんどん進行してしまう事にもなりかねません。

化粧水は、肌細胞にたっぷりと水分補給してあげるためには、重ねづけするのがおすすめです。同じ量の化粧水を肌につける場合でも、一度にたっぷりの量をつけるより、少量を何回かに分けて重ねづけした方が肌への浸透や肌のモチモチ感に大きな差が出てきます。何回ぐらい重ねづけしたら良いのかは、その人の付け方などにもよりますが、少なくても2,3回は重ねづけするようにしてみましょう。1週間ぐらいでも肌のモチモチ感が変わってくるはずです。

化粧水をつけるとき、パンパンと掌で肌を激しく叩きながらつける人は少なくありません。この方法には賛否両論あって、叩く事によって肌細胞をブルブルと振動させ、化粧水を肌の内側まで浸透させる事ができる一方で、叩く事によって肌に負荷を与え、肌がたるむ原因になってしまうという説もあります。肌に負担をかけずに内側まで化粧水を浸透させるためには、掌を使ってやさしくパッティングする方法を試してみてください。掌の温度を上手に活用してパッティングすると、毛穴が開いて化粧水が内側に浸透してくれます。化粧水に限らず、スキンケアの全ての工程でこれを行なうと、肌質をスピーディに改善する事もできるようですよ。

化粧水には、それぞれのブランドごとに優秀な美容成分が配合されています。無理をして高いものを購入してチビチビ使うよりも、リーズナブルな化粧水をたっぷりと使った方が、肌にとってはプラスの効果があるのだとか。肌に惜しみなくたっぷりつけてあげる事が大切なようですね。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [スキンケア化粧水館]について

化粧水の付け方や使い方の基礎知識をはじめとして、資生堂やアテニアなど各メーカー化粧水の解説や、ゆずや梅干しの実、どくだみ、お酒等の化粧水説などなど化粧水について幅広く奥深くまで解説した化粧水専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [スキンケア化粧水館] TOPページへ戻る



スポンサード リンク
このページのトップへ