アロエの手作り化粧水

アロエの手作り化粧水について

日焼けしてヒリヒリしている肌の炎症を抑えてくれる効果があるアロエには、日焼け後の肌だけでなく、乾燥して肌トラブルを起こしている肌などにつけても効果的。アロエが持つトラブル解消効果によって、乾燥肌の人でもしっとりと保湿する事ができます。アロエが配合されている化粧水などはドラッグストアなどで販売されている化粧水から選ぶ事もできますが、実は簡単に手作りする事もできます。手作りのアロエ化粧水なら、添加物なども一切入っていないから肌にとっても優しいですし、敏感肌の人にもぜひおすすめですよね。

簡単な手作りアロエ化粧水の作り方をご紹介しましょう。必要なのは、アロエエキス、グリセリン、そして精製水です。アロエエキスというと、どこかでそういうエキスを見つけてこなければいけないような気もしてしまいますよね。でもアロエのエキスは、観葉植物的に生育しているアロエをちぎってエタノールにつけておくだけで簡単に抽出する事ができます。アロエを適当にちぎって容器の中に入れ、エタノールをアロエがヒタヒタになるぐらいまで入れます。そのまま放置しておくと3日ぐらいでエタノールの液体が黄色っぽくなりますが、これがアロエエキスです。

抽出したアロエエキスとグリセリン、精製水を混ぜれば手作りアロエ化粧水が出来上がります。混ぜる比率は肌の乾燥具合や使用感によって変える事ができるので、自分自身で色々配合しながら理想的な配合を見つけるのも良いでしょう。目安としては、サッパリ感のある化粧水ならアロエエキス:グリセリン:精製水の割合が4:1:5ぐらい。シットリタイプならグリセリンの量を増やして、その分精製水の量を減らせばOKです。

アロエエキスを増やすとアロエの持つ効果をスピーディに実感する事ができるようになりますが、この時には注意が必要です。アロエエキスを抽出する時に使ったエタノールはアルコール成分なので、あまり大量に使用するとアルコールの作用でヒリヒリする事もあるかもしれません。その場合には、エタノールではなく焼酎などのアルコールを使ってアロエエキスを抽出するのも良いでしょう。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [スキンケア化粧水館]について

化粧水の付け方や使い方の基礎知識をはじめとして、資生堂やアテニアなど各メーカー化粧水の解説や、ゆずや梅干しの実、どくだみ、お酒等の化粧水説などなど化粧水について幅広く奥深くまで解説した化粧水専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [スキンケア化粧水館] TOPページへ戻る



スポンサード リンク
このページのトップへ