化粧水と蒸発

化粧水と蒸発について

スキンケアの中でも洗顔の後に最初に使用するのが「化粧水」。化粧水の使い方については色々な説があり、たくさん重ね付けをした方が肌をモチモチにできるという説もあれば、美容液や乳液などで肌を甘やかしてしまうよりも化粧水のみでスキンケアをした方が強く美しい肌を作る事ができるという説もあります。

そんな中、化粧水の重ねづけは肌の乾燥を悪化させてしまうという説もあります。もともと肌の表面は角質層で覆われていて、角質層はオイリーな成分で体内の水分を外に蒸発させないような役割をしています。化粧水の主成分は「水分」なのですが、オイリー成分でできている角質層に水分成分をつけても、大半は角質層によってはじかれてしまい、肌の内側に入り込んで肌細胞をモチモチにできるほどの浸透量は期待できません。化粧水に含まれている美容成分などが肌の内側に入り込んでプラスの効果をもたらしてくれますが、それも極わずか。

水分成分である化粧水は、重ね付けする事による効果はあまりないという専門家も少なくありません。ただし、化粧水をつけるだけで後は放置してしまうよりも、美容液や乳液などで、肌に乗せた化粧水を蒸発させないように蓋をしてあげるスキンケアをする事で、乾燥を防ぐこともできるようです。

化粧水だけを何度も重ね付けすると、その場は化粧水の層によって肌がシットリと潤ったような気がします。しかし、水分成分の化粧水の層は時間とともに蒸発してしまうので、少しずつ肌の表面の水分も蒸発してしまいます。そうすると、肌は乾燥してしまいますよね。肌を潤わせるはずの化粧水のせいで肌の乾燥が悪化してしまうなんて困ってしまいます。肌の乾燥を解消するためには、化粧水だけに頼らずに、もっと根本的な部分から解消した方が有効なようです。

化粧水を中心としたスキンケアは、肌の水分量が十分な20代まで。その後は、化粧水を主役にするのではなく、美容液や乳液などを中心としたスキンケアにした方が良いようです。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [スキンケア化粧水館]について

化粧水の付け方や使い方の基礎知識をはじめとして、資生堂やアテニアなど各メーカー化粧水の解説や、ゆずや梅干しの実、どくだみ、お酒等の化粧水説などなど化粧水について幅広く奥深くまで解説した化粧水専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [スキンケア化粧水館] TOPページへ戻る



スポンサード リンク
このページのトップへ