日焼け止め化粧水

日焼け止め化粧水について

紫外線が強くなると活躍する機会がアップする【日焼け止め】。日焼け止めにもいろいろなタイプがありますが、化粧水や乳液などの普段のスキンケアのどの部分に日焼け止めを使ったら良いのか、なかなか迷ってしまいますよね。

化粧水や乳液などは、肌の内側に成分を浸透挿せて、肌細胞に水分補給や栄養補給をするためのプロセスです。一方、日焼け止めは、肌の表面に膜を作って、紫外線を跳ね返したりしながら肌に紫外線が当たらないようにブロックしてくれるアイテム。そう考えると、まず最初に肌の内側に浸透させる成分を全て肌につけてから、肌を紫外線からブロックしてくれる日焼け止めをつけた方が良いですね。

日焼け止めをつけると顔がベタベタしてしまうという人もいると思います。そんな場合には、日焼け止めと化粧下地を兼ねているタイプの日焼け止めがお勧めです。乳液→日焼け止め→化粧下地と続くと、肌質や季節によってはどうしても肌がベタベタしやすくなってしまいます。しかし、だからといってスキンケアのプロセスを省略するのはNGなので、サッパリタイプの乳液を使ったり、化粧下地効果もある日焼け止めを使ったりすると良いでしょう。

朝のメイクで日焼け止めを使ったら、それで一日中日焼け止め効果が持続するというわけではありません。朝につけた日焼け止めの効果は、せいぜい朝の通勤時間ぐらいしか持続してはくれません。メイクをしてしまった肌でも、アウトドアで紫外線を長時間浴びる場合には、こまめに日焼け止めを塗りなおすことも必要です。メイクの上からシュッと使用できるスプレータイプなら、いつでもどこでもサッと使えて便利ですよね。

日焼け止めを肌につける際には、肌の内側にしみこまないように、叩きながら肌の表面をコーティングするような感じでつけるのがおすすめです。クリームのようにマッサージしたり延ばしたりしてしまうと、日焼け止め効果も薄くなってしまいます。指の腹などでポンポンと叩きながら肌の表面を日焼け止めでコーティングしましょう。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [スキンケア化粧水館]について

化粧水の付け方や使い方の基礎知識をはじめとして、資生堂やアテニアなど各メーカー化粧水の解説や、ゆずや梅干しの実、どくだみ、お酒等の化粧水説などなど化粧水について幅広く奥深くまで解説した化粧水専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [スキンケア化粧水館] TOPページへ戻る



スポンサード リンク
このページのトップへ