角質培養のやり方

角質培養のやり方について

角質培養ってご存知ですか?理科の実験ではありませんよ。角質培養とは、一言でいうなら、「お肌の手入れに手間をかけず、あえて放置することによって肌そのものが持っている素肌力を引き出してあげよう」というスキンケアです。このスキンケアは、肌のターンオーバーにできるだけ時間をかけることで、じっくりと肌細胞を「熟成」しながら育てることで、ダメージや刺激にも負けない強い肌を手に入れることができるというメカニズムです。

角質培養は、できるだけ肌に負担をかけないスキンケアを行います。具体的には、メイククレンジングは、肌に負担が小さいミルクタイプを使いますが、それもこするのは厳禁。落ちてるか落ちていないかぐらいでやめて置くのが良いのだそうです。

洗顔も、完全冷水で、できるだけ洗顔剤などは使わない状態で洗います。タオルで顔を拭くときにも、すっきりゴシゴシなんてのはNG。タオルを抑える感じて、適当にふくのが良いのだそうです。スキンケアやメイクは普通にしてよいのですが、「こする」ような指の動きは一切ストップ。ファンデーションを付ける時も、こすらずにつけるのって大変ですよね。きっと、パウダータイプのミネラルファンデーションぐらいでなければ角質培養の条件にパスできないのではないでしょうか。

角質培養を続けていると、最初はそれまでの肌のターンオーバーのバランスが崩れてしまうため、ニキビができやすくなったり、メイクのノリが悪くなってイライラしたりすることもあるようです。しかし、1か月ぐらい我慢しながら続けていれば、肌のターンオーバーが落ち着いてくるので、何もしなくてもモチモチの肌をキープできる強い肌を手に入れられるのだとか。

ただし、気を付けたい点もあります。角質培養は、普通肌の人ならそれほど大きな肌トラブルを起こすことなく成功できるかもしれません。しかし、皮脂分泌が過剰な肌質の人が行うと、成果が出るまでに皮脂分泌のせいでニキビがひどい状態になってしまうことも考えられるので、ケースバイケースで判断したほうが良いかもしれませんね。

スポンサード リンク


おすすめ角質ケア商品の紹介

フィットネスジャパン1押しの角質ケア機器がPanasonicから発売されている『角質クリア』です。指先から、かかとまでスベスベ美脚を実現でき今人気となっていますよ♪ ワイドなヤスリで気になる角質、ヒールダコをスピーディーにケアしてくれます。電気式だから力を入れずに滑らかな仕上がりを実現し、水洗いで掃除も楽ちんです。足の角質ケアにお悩みであればどうぞお試しくださいね!



スポンサード リンク
このページのトップへ