角質層の働き

角質層の働きについて

ケラチンという名の蛋白質からできている角質層は、一つ一つの角質細胞から作られています。角質層は全体では1ミリもない薄いそうなのですが、そこには角質細胞たちがいくつもの層を作りながら、外からの刺激から体を守っています。

外からの刺激というと、どんなものをイメージしますか?角質層が私たちの体を守ってくれているのは、アレルギー物質、細菌、病原体、有害物資など、たくさんあります。この角質層の働きは、肌のバリア機能と世も呼ばれていて、ピーリングのやりすぎて角質層が薄くなってしまうと、肌のバリア機能が低下して、外からの刺激に肌がアレルギー反応を起こしやすくなってしまいます。

角質層の働きは、外からやってくる物質から体を守っているだけではありません。体の内側の水分や体液などが、体の外に漏れ出てしまわないように蓋をしている役割もしています。人間の体の90%は水分だと言われていますが、この水分はあらゆるところに存在しています。角質層がなければ、体中から液体がじわじわと漏れ出し、肌の表面がとてもジメジメしているのに内側は乾燥して水分不足の状態になってしまいます。

角質層は、全体で1ミリにも満たない薄い層です。もともとは肌細胞として誕生した肌細胞たちが新で角質細胞となっているわけですが、角質細胞も最終的には垢としてはがれおちていきます新しい肌が誕生してから垢となって剥がれ落ちるまでにかかる期間は、正常な肌のターンオーバーなら28日間と言われていて、特に何もしなくても古い角質細胞は自然と剥がれ落ちていきます。

ただし、年齢を重ねて新陳代謝が低下してしまった肌だと、28日のはずの周期が35日、42日と長くなってしまいます。すると、古い角質がいつまでも剥がれ落ちることなく肌の表面に残ってしまうため、その角質が酸化して黒ずんだり、カサカサに乾燥して肌がゴワゴワになってしまうこともあります。角質が分厚くなってしまうのを予防して、いつでもモチモチの角質層をキープできるのが、ピーリングというスキンケアとなります。

スポンサード リンク


おすすめ角質ケア商品の紹介

フィットネスジャパン1押しの角質ケア機器がPanasonicから発売されている『角質クリア』です。指先から、かかとまでスベスベ美脚を実現でき今人気となっていますよ♪ ワイドなヤスリで気になる角質、ヒールダコをスピーディーにケアしてくれます。電気式だから力を入れずに滑らかな仕上がりを実現し、水洗いで掃除も楽ちんです。足の角質ケアにお悩みであればどうぞお試しくださいね!



スポンサード リンク
このページのトップへ