角質とは

角質について

角質とは、肌の表面を覆っている細胞のこと。人間の体の表面は、角質細胞におおわれています。角質が目立ちやすい足のかかとはもちろんですが、「えっ、こんな所にも角質が?」という部位でも、加田野の表面には薄い角質層がアリ、それが外からの刺激から体を守る働きをしています。

角質細胞は、もともとは肌細胞として誕生した細胞が、肌のターンオーバーによって少しずつ表面に近い部分に押し上げられ、最終的には肌細胞が細胞分裂をやめて死んでしまうと、その細胞は角質細胞となって、今度は外の刺激から体を守る役割へと転じることになります。角質細胞はケラチンと呼ばれるたんぱく質からできていて、細胞としてはもうすでに死んでいる細胞というのが特徴です。

角質細胞と言っても、肌の内側では新陳代謝によって次々に新しい肌細胞がつくられています。そして、細胞たちは少しずつ肌の表面に近い部分まで上昇し、正常な肌のターンオーバーなら28日後には角質細胞と変化するわけですが、角質細胞もいくつもの層になっています。そして、角質層の中を下からどんどん押し上げられながら上昇し、最終的には空気に触れる表面の層となったら、垢としてはがれおちることになります。

角質細胞はすでに死んでいる細胞なので、体内から水分補給することができません。空気に触れることによって細胞内の水分はどんどん蒸発するだけで、そこに水分補給をすることはできないのです。年齢肌と呼ばれる肌だと、新陳代謝が低下することで角質がなかなか剥がれ落ちなくなってしまいます。そうすると、角質細胞が乾燥してしまうので、肌がゴワゴワになったり、カサカサになったりするわけですね。

若い頃には、角質は特に気にしなくても自然な新陳代謝によって剥がれ落ちます。しかし、新陳代謝が低下した肌の場合には、ピーリングやスクラブなどのスキンケアを定期的に行って、肌表面の古い角質を取り除くことで、新陳代謝を促進するようなケアもおすすめです。

スポンサード リンク


おすすめ角質ケア商品の紹介

フィットネスジャパン1押しの角質ケア機器がPanasonicから発売されている『角質クリア』です。指先から、かかとまでスベスベ美脚を実現でき今人気となっていますよ♪ ワイドなヤスリで気になる角質、ヒールダコをスピーディーにケアしてくれます。電気式だから力を入れずに滑らかな仕上がりを実現し、水洗いで掃除も楽ちんです。足の角質ケアにお悩みであればどうぞお試しくださいね!



スポンサード リンク
このページのトップへ