縮毛矯正ヘアケア

縮毛矯正ヘアケアについて

それまでクセ毛で悩んでいた人にとっては、縮毛矯正はストレートパーマよりもずっと長期間長持ちする便利なパーマですよね。縮毛矯正をかけた直後にトリートメントなどをしてくれる美容院もありますが、それだけでは縮毛矯正似よって髪に与えたダメージを回復する事ができません。自宅でのヘアケアもとても大切です。

縮毛矯正をした直後は、美容院によって使用する薬剤が異なりますが、最低でも24時間は髪をぬらしたり縛ったりするのはNG。縮毛矯正の薬剤が化学反応を起こし、それが落ち着くまでには最低でも24時間という時間がかかります。この間にシャンプーしたりすると薬剤が流れ落ちてしまいますし、髪をキツク縛ったりすると、変な癖がついたままヘアスタイルが固定されてしまいます。縮毛矯正をかけた当日はお風呂でのシャンプーもNGですし、ヘアスタイルを自分でアレンジするのもNGです。

縮毛矯正をかけると、髪の表面のキューティクルに大きなダメージを与えてしまいます。髪のダメージは自分自身で補修されませんから、縮毛矯正をかけた後にはできるだけキューティクルのダメージを大きくしないようなヘアケアが必要になります。例えば、濡れた髪のままで寝てしまうのではなく、ドライヤーで髪を乾かしてから寝たり、縮毛矯正の直後はしばらくトリートメントを集中ケアとして行なったりすると良いでしょう。ヘアケア商品はドラッグストアなどで購入する事もできますが、どんなモノを使ったら良いのか分からない場合などは美容師に相談するのも良いでしょう。また、美容院ではプロ仕様に近いヘアケアアイテムも販売していたりするので、髪へのダメージが大きい縮毛矯正をした場合には、普段よりもアップグレードしたヘアケアアイテムを使ってみるのもおすすめです。

縮毛矯正は正しいヘアケアをすれば、ストレートヘアが長持ちしますし、次に縮毛矯正をする際にも髪へのダメージを最小限に抑える事ができます。そのためには毎日のヘアケアに力をいれたいですね。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [ヘアケア館]について

ダメージヘア対策をはじめパーマ/縮毛矯正/ビビリ毛等のヘアケア対策の紹介や、シャンプーやトリートメントのやり方、そして資生堂やDHC、コタ等の各種ヘアケア商品の紹介等など幅広く奥深くまで解説したヘアケア専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [ヘアケア館] TOPページへ戻る



スポンサード リンク
このページのトップへ