パーマのヘアケア

パーマのヘアケアについて

髪のオシャレを楽しむためには、パーマやヘアカラーなどをする事も多いですよね。特にパーマは、自分の髪質では作る事ができないステキな髪型でもサッと作れますし、その髪型を長い期間キープする事ができる便利な方法です。しかし、どんなタイプのパーマでも、化学成分によって髪に大きなダメージをあたえているため、パーマをかけた後のヘアケアにはいつもよりも気を使う必要があります。

パーマをした直後の髪は、キューティクルが大きなダメージを受けているので、ドライヤーやアイロンなどでさらに打撃を与えてしまうのは控えた方が良いかもしれません。髪は濡れている状態だとキューティクルが弱いので、濡れた髪をタオルやベッドなどで擦るのはNGですが、お風呂から出たばかりの濡れた髪をその状態からドライヤーだけで乾燥させるのでは、さらにダメージが大きくなってしまいます。自然乾燥で7割ぐらい乾かしたら、最終的にドライヤーを使って頭皮や根元を中心に乾かしてあげるようにすると、髪へのダメージも少なくて済みます。

毎日のシャンプータイムでシャンプーとコンディショナーを使っている人でも、パーマをかけた後には少し工夫が必要です。例えば、洗浄力が強いシャンプーは、サッパリとした洗いあがりになりますが、その分、髪が必要としている脂分までも取り除いてしまいます。パーマ後のヘアケアでは、ノンシリコンなど髪に優しいタイプのシャンプーを使ったりして、キューティクルにダメージを与えないようにするとよいでしょう。また、髪の内側に栄養補給をしてくれるトリートメントも、パーマ後のヘアケアでは頻繁に使いたいアイテム。コンディショナーは髪の表面にコーティングをしてすべりを良くしてくれますが、栄養補給まではする事ができません。そのため、普段はトリートメントを使わない人でも、パーマをかけた直後にはトリートメントを頻繁に使ってダメージを回復してあげる工夫をしてくださいね。トリートメントはお風呂の中で使うタイプもありますし、洗い流さないタイプなどもあります。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [ヘアケア館]について

ダメージヘア対策をはじめパーマ/縮毛矯正/ビビリ毛等のヘアケア対策の紹介や、シャンプーやトリートメントのやり方、そして資生堂やDHC、コタ等の各種ヘアケア商品の紹介等など幅広く奥深くまで解説したヘアケア専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [ヘアケア館] TOPページへ戻る



スポンサード リンク
このページのトップへ