椿油でのヘアケア

椿油でのヘアケアについて

日本古来からヘアケア成分として根強い人気を誇る椿油。以前ではベタツキ感が気になるという声もありましたが、最近では20代、30代の髪質でもべたつかずに使用できるタイプのヘアケア商品もたくさんラインナップされています。椿油を使ったヘアケアは、日本だけではなく世界中で注目されていますが、その中でも日本人の黒髪にとっては理想的な天然成分オイルということもあり、現在ではネットショップなどでも椿油のヘアケアアイテムが大人気となっているようです。

化学成分をたっぷり含んでいるヘアケアアイテムは、副作用が怖いですよね?しかし、椿油は天然植物成分なので、副作用はほとんどありません。強いて言うなら、オイル成分のベタツキが少しあるかな、という程度です。乾燥してパサパサしていたりゴワゴワしている髪に対しては、椿油が持っている天然保湿成分によって髪を保護して外部からの刺激から守る事ができます。

椿油は、椿油が配合されているシャンプーやコンディショナーを使うだけでも、シットリとまとまりやすい髪質を作る事ができます。しかし、もっと集中ケアをしたい場合には、椿油の原液をシャンプーなどに自分で混ぜて使用する方法がおすすめ。また、原液の椿油をそのままシャンプーの後にトリートメントやパックとして髪に塗布する方法も効果的です。

椿油を使う際には、乾いている髪につけるとベタベタするだけでなく、髪の保湿効果などもほとんど実感する事ができません。これは、髪が乾いているとキューティクルがしっかりとかたまって閉じているから。キューティクルを開いて保湿成分を浸透させるためには、シャンプーの後など、髪が内側までぬれている状態の時に使う事が必要です。

椿油を使って髪のトリートメントをする際には、シャンプーの後に原液の椿油をたっぷりと髪に塗布し、その状態で30分ぐらい放置します。この間に髪が乾いてしまわないように蒸しタオルで髪を覆ったり、お風呂の湯船に遣ったりすると、トリートメント効果もさらにアップするようです。ぜひお試しくださいね。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [ヘアケア館]について

ダメージヘア対策をはじめパーマ/縮毛矯正/ビビリ毛等のヘアケア対策の紹介や、シャンプーやトリートメントのやり方、そして資生堂やDHC、コタ等の各種ヘアケア商品の紹介等など幅広く奥深くまで解説したヘアケア専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [ヘアケア館] TOPページへ戻る



スポンサード リンク
このページのトップへ