ダメージヘア対策

ダメージヘア対策について

人間の皮膚は、ダメージを受けても自然に治癒できる能力を持っています。皮膚がダメージを受けても肌のターンオーバーによって少しずつダメージが回復していきますよね。しかし、髪はダメージを補修できる能力を持っていません。そのため、髪がダメージを受けてしまうと、それを根本的に内側から健康な髪に戻すことができません。髪のダメージは、ダメージを受けてからどうにかしようとするよりも、ダメージを受けないように予防する事が大切です。

ダメージヘアを作らない対策にはいろいろな方法があります。何よりも大切なのは、ダメージを作る原因を作らない方法。例えば、パーマやヘアカラーなど。パーマやヘアカラーは髪のオシャレを楽しむためには必要不可欠ですが、髪にとっては百害あって一利なし。パーマやヘアカラーで髪がダメージを受けていても、それでもオシャレをあきらめたくないという場合には、パーマやヘアカラーの頻度を減らしてみるだけでもダメージのレベルが変わってくるのでおすすめです。

毎日のシャンプータイムでも、もしかしたら髪へのダメージが悪化していることもあります。シャンプーなどは、汚れが良く落ちるタイプのものは洗浄力も強いため、髪が必要な脂分も強制的に引き剥がしてしまいます。そうすると、髪の表面をコーティングしているキューティクルがダメージを受けやすくなってしまうので、髪にとっては逆効果。ダメージヘアを予防するためには、髪に負担がかかりにくいタイプのシャンプーを選ぶようにしましょう。そして、シャンプーは頭皮、コンディショナーは毛先、というようにヘアケアアイテムの一つ一つの意味と目的を理解しながら、正しい方法で使う事が、ダメージヘアを少しでもケアする事ができる方法です。普段はコンディショナーで済ませている人でも、定期的にトリートメントやヘアパックなどをして髪に栄養補給をしてあげるのも良いでしょう。

髪は濡れた状態だとダメージを受けやすくなります。濡れた髪のまま寝るのはNGですし、濡れた髪をタオルでゴシゴシこするのもNG。濡れた髪は自然乾燥とドライヤーを上手に併用しながら乾かしてあげるのもダメージヘア対策になります。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [ヘアケア館]について

ダメージヘア対策をはじめパーマ/縮毛矯正/ビビリ毛等のヘアケア対策の紹介や、シャンプーやトリートメントのやり方、そして資生堂やDHC、コタ等の各種ヘアケア商品の紹介等など幅広く奥深くまで解説したヘアケア専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [ヘアケア館] TOPページへ戻る



スポンサード リンク
このページのトップへ