ダメージヘア用トリートメント

ダメージヘア用トリートメントについて

切れ毛や枝毛、髪の乾燥やゴワゴワ感など、ダメージヘアの悩みはいろいろありますが、ダメージヘアを改善するためには、傷んでしまった髪の内部に栄養をたっぷり補給してあげる事ができるトリートメントが必要不可欠です。人間の肌細胞はダメージを受けても自然に少しずつ健康な状態へと補修されていきます。しかし、髪にはダメージを補修する能力がないため、ダメージヘアをそのまま放置しておくと、その部分からさらにダメージが広がってしまいます。ヘアトリートメントなどを使っても、既におきている枝毛や切れ毛が修復されるというわけではありません。しかし、ヘアトリートメントを使う事によって髪のダメージが広がるのを予防したり、健康な部分の髪に栄養補給をして、ダメージがおきにくい髪質を作る事ができます。

ヘアトリートメントにもいろいろな種類があります。シャンプーの後にコンディショナーの代わりとして使うタイプのトリートメントもありますし、お風呂を出た後に使う「洗い流さないタイプ」のトリートメントなどもあります。どちらのタイプでも髪の内部に栄養補給をする事ができますし、どちらにもメリットがあるので、上手に使い分けると良いでしょう。コンディショナーの代わりとして使うヘアトリートメントは、シャンプーの後にサッと毛先を中心につけたら、湯船に使ったりして5分程度放置するタイプが多いと思います。シャンプーの時に髪が濡れていてキューティクルは既に開いているので、そこにトリートメントの栄養成分を内側まで浸透させる事ができるのが、コンディショナータイプのトリートメントの特徴です。

一方、洗い流さないタイプのトリートメントは、髪に塗布したあとに洗い流してしまう事がないので、時間をかけてゆっくりと髪の内側に浸透してくれます。お風呂の中で数分でもトリートメントをつけて待っているのがイライラしてしまうような場合には、洗い流さないタイプのトリートメントが良いかもしれませんね。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [ヘアケア館]について

ダメージヘア対策をはじめパーマ/縮毛矯正/ビビリ毛等のヘアケア対策の紹介や、シャンプーやトリートメントのやり方、そして資生堂やDHC、コタ等の各種ヘアケア商品の紹介等など幅広く奥深くまで解説したヘアケア専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [ヘアケア館] TOPページへ戻る



スポンサード リンク
このページのトップへ