チョコレートの太らない食べ方

チョコレートの太らない食べ方について

脂質の多いチョコレート。チョコレートを食べると太りやすくなったり、皮脂分泌が過剰になって顔にニキビができやすくなってしまうこともあります。チョコレートに含まれているカカオには、体内で脂肪が燃焼しやすい体質を作る働きをしていますが、そうしたメリットよりも、高カロリーで高脂質という食品なので、太りたくない人は、できれば食べないほうが良いでしょう。

チョコレートにはどのぐらいのカロリーがあるかご存知ですか?一般的なミルクチョコレートの場合、100グラム当たりのカロリーは580キロカロリー。これは、ちょっとした食事1回分と同じカロリーです。食事の場合には、600キロカロリーでもかなりの満腹感がありますが、チョコレート100グラムでは全く満腹感もなく、もっと何かを食べたいという食欲だけが残ってしまいますよね。スーパーやコンビニで市販されている板チョコでも、カロリーは400キロカロリー程度はあるので、チョコレートに低カロリーを求めるのは厳しそうです。

太りたくないけれど、チョコレートがすきすぎてやめられないという人は、どうしたら良いのでしょうか?大好きなチョコレートがまったく食べれずに、ストレスを抱えてしまうのは良くありません。高カロリーのチョコレートを食べて太らないためには、太らない量のチョコレートを食べようと、発想の転換をしてみてはいかがでしょうか?例えば、板チョコ1枚400キロカロリーなら、板チョコの4分の1を食べてカロリーが100キロカロリーのほうが、低カロリーで肥満リスクも小さくなりますよね。また、最近ではチョコレートショップなどで、1粒単位で購入できるものもたくさんあります。トリュフやボンボン系のチョコレートは、1粒あたりのカロリーも100キロカロリー未満のものが多いので、どうしても食べたいという場合には、おやつとして1粒を食べるという方法もアリです。

チョコレートを食べて痩せられるという方法はありません。しかし、チョコレートを食べたら必ず太るというわけでもありません。大切なのは、どんなチョコレートをどのぐらい食べればよいのか、カロリーをきちんとチェックしながら、一度の摂取カロリーを100キロカロリー以内に抑えることなのです。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ

「ジリアン・マイケルズの新30日間集中ダイエット」は驚異的な減量法でダイエットDVDの記録を塗り替えたトレーナーであるジリアン・マイケルズが、前作から5年の間につちかった全てのノウハウを結集! 好評の"3-2-1インターバル・システム"はそのままに、エクササイズも効果もジリアンのトークも、全てがパワーアップした最新デラックス版となっていますよ♪



スポンサード リンク
このページのトップへ