バイキングの太らない食べ方

バイキングの太らない食べ方について

食べ放題のバイキング。バイキングに行くときには、朝から食事を抜いたりして戦闘態勢を完璧にしてからいざ出陣する人も多いのではないでしょうか。太りたくない人でも、バイキングの日は特別。今日はダイエットはお休みと決める人も多いですよね。また、太りたくないから食べる量は気をつけようと思っていても、帰宅して体重を測ったら、心臓が飛び出るほどショックを受けてしまうことも少なくありません。

バイキングと言っても、どんなタイプのバイキングかによって、太りやすいか銅貨は異なりますが、バイキングに行っても、食べ方を少し工夫することによって太りにくい楽しみ方が可能です。

人間の体は、酸性に傾くのは良くないと言われています。アルカリ性過ぎても良くないので、理想的なのは弱酸性ぐらい。食べ物にもそれぞれ酸性の強い食べ物や、アルカリ性の強い食べ物がありますが、バイキングのように多種類の食べ物が並んでいると、酸性やアルカリ性をほとんど気にすることなく、端から全種類を胃袋に放り込みたくなってしまいますよね。

しかし、実はこれが、太る原因となります。人間の体は、酸性やアルカリ性のものをすべて一緒に処理することはできないため、処理できない分はすべて体脂肪として蓄積されてしまいます。太らない食べ方をするなら、多種類を食べまくるのではなく、種類をある程度絞り込んで食べたほうが良いみたいです。ただし、ご飯と肉、というような絞り込み方はNG。できれば、お肉と野菜だけにしたり、ご飯と野菜だけにしたり、必ず野菜をたっぷり食べるようにしましょう。

ヘルシーなイメージの強い魚料理も、肉料理と合わせて食べてしまうと、太りやすくなってしまいます。魚を食べるなら肉は食べない、肉を食べるなら魚は食べない、としたほうが、太らないようですよ。

また、バイキングでは普段の食事よりも多く食べることを前提としている人が多いので、食べた後に十分にエネルギーを燃焼できるランチの時間帯に言ったほうが良いでしょう。夜暗くなってからでは、食べたエネルギーは燃焼できないまま、体脂肪として蓄積されてしまいます。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ

「ジリアン・マイケルズの新30日間集中ダイエット」は驚異的な減量法でダイエットDVDの記録を塗り替えたトレーナーであるジリアン・マイケルズが、前作から5年の間につちかった全てのノウハウを結集! 好評の"3-2-1インターバル・システム"はそのままに、エクササイズも効果もジリアンのトークも、全てがパワーアップした最新デラックス版となっていますよ♪



スポンサード リンク
このページのトップへ