焼肉の太らない食べ方

焼肉の太らない食べ方について

なんだかカロリーが高そうな焼肉。ダイエットをしている人にとっては、焼き肉は食べてはいけない食べ物ランキングの上位に入りそうな気もしませんか?確かに、食べたいものを食べたいだけ食べていれば、焼き肉を食べて痩せるなんてことは不可能です。しかし、どんな肉を選ぶのか、どんな風に食べるのか、太らない食べ方を心がけていれば、焼き肉を食べても太らない体質を作ることができます。

まず、肉の選び方。肉は、できるだけ赤身が多い肉を選びましょう。赤身の肉にはLカルにhシンと言って、体脂肪を燃焼してくれる成分が含まれています。しかし、脂身の部分は体脂肪となって体内に蓄積されてしまうので、できるだけ避けたほうが良いですね。ひき肉などは最初から赤身と脂身がミックスされているので論外ですが、焼き肉で使う肉は、ほぼ赤身のみにするのが、焼き肉で太らない食べ方です。ちなみに、まったく脂身がない赤身オンリーの肉なら、たくさん食べても太りません。太るところか、Lカルニチンの働きによって、体内の脂肪が積極的に燃焼され、痩せやすい体質を作ることにもつながります。

焼肉の焼き方もポイントです。焼肉屋さんに行けば、焼いた肉の脂身が下に落ちてくれる網焼きタイプが多いと思いますが、自宅で焼き肉を楽しむ場合にも、できれば焼いた時に出てくる油が落ちてくれるような方法で焼きましょう。フライパンで焼く場合でも、表面に凹凸のあるフライパンを使えば、油が下に落ちるので、カロリー削減につながります。

食べる順番も大切です。焼肉を食べる前に、一通り野菜を食べることが、太らないためには必要不可欠。野菜を最初に食べることによって、腸の中に食物繊維やミネラル、ビタミンを最初に送りこむことができます。その後に肉を食べれば、腸の中に入ってきた脂質を食物繊維がからめとって、体内に吸収されずに体の外に排出しやすくしてくれるのです。

また、焼き肉で太らないためには、ご飯は控えましょう。肉と合わせて食べると抜群に美味しい白米ですが、白米と肉のコラボは、かなり危険です。肥満に直結してい舞うので、痩せたい場合には米は食べずに、赤身の肉で攻めましょう。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ

「ジリアン・マイケルズの新30日間集中ダイエット」は驚異的な減量法でダイエットDVDの記録を塗り替えたトレーナーであるジリアン・マイケルズが、前作から5年の間につちかった全てのノウハウを結集! 好評の"3-2-1インターバル・システム"はそのままに、エクササイズも効果もジリアンのトークも、全てがパワーアップした最新デラックス版となっていますよ♪



スポンサード リンク
このページのトップへ