痩せ体質になるための朝食

痩せ体質になるための朝食について

太りにくく痩せやすいという、何ともうらやましい体質を手に入れるためには、毎日の食事内容も見直して、できるだけ痩せ体質を作りやすいメニューで食生活を送るように心がけたほうが良いでしょう。1日3食の食事の中でも、痩せ体質と最も大きな関係があるのは、朝食です。忙しい朝にわざわざ手の込んだ朝食を作れる時間的な余裕がある人は少ないので、できるだけ簡単に作れて痩せ体質になれるようなメニューが良いわけですが、どんな感じの朝食にしたらよいのでしょうか?

痩せ体質を作る基本は、体温を下げないようにすること。体温が少しでも下がってしまうと基礎代謝が下がってしまい、太りやすくなってしまいます。人間の体は、寝ている間に体温が少しずつ下がってしまうため、朝食を食べることによってふたたび体温を高くしてあげることが、痩せ体質につながります。その為には、体を冷やしてしまう生野菜などは控えたほうが良いかもしれませんね。また、できるだけ冷たいものもやめて、温かいものを食べたほうが良いでしょう。ミルクを飲むなら、冷たいミルクではなく、電子レンジでチンして温かくしたほうが、痩せ体質を作るという点では効果的です。

また、朝食を食べた後には、私たちは誰もが通勤や通学でエネルギー燃焼タイムに入りますし、専業主婦の場合にも、家事や育児などで、一日の生活が始まります。一日を過ごす中で、同じ動きや活動をしても、できるだけ多くのエネルギー量が燃焼できれば、痩せやすい体質に近づくことができます。その為には、エネルギーを燃焼する効果の高い食材も良いでしょう。肉の赤身に含まれているLカルニチンなどは、脂質を燃焼する働きがありますし、コーヒーなどのカフェイン系も、脂質を燃焼する働きがあるのでお勧めです。

ビタミンやミネラル成分は、糖質や脂質が体内で燃焼される際に必要となるだけでなく、上質の筋肉を作って美しく痩せるためには必要不可欠な成分。そのため、朝食の際に積極的に食べておきましょう。フルーツを絞ったジュース、野菜ジュースなどは、朝食メニューとしては最高です。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ

「ジリアン・マイケルズの新30日間集中ダイエット」は驚異的な減量法でダイエットDVDの記録を塗り替えたトレーナーであるジリアン・マイケルズが、前作から5年の間につちかった全てのノウハウを結集! 好評の"3-2-1インターバル・システム"はそのままに、エクササイズも効果もジリアンのトークも、全てがパワーアップした最新デラックス版となっていますよ♪



スポンサード リンク
このページのトップへ