リバウンド防止と食事

リバウンド防止と食事について

ダイエットをするときには、運動をして痩せたい人も運動をせずに何とか痩せようと頑張りたい人も、食事を見直す人が多いようです。食事によって毎日燃焼しきれないほどのエネルギーを摂取していれば、肥満になりやすくなるのは当然のこと。何もしなくても太らずに痩せやすい体質になるためには、一日の生活の中で燃焼できるぐらいのエネルギー量を食事で摂取するように心がけると良いみたいです。

しかし、若い頃には何もしなくても基礎代謝が活発なので、毎日の生活の中でかなり大量にエネルギーを燃焼できますが、年齢とともにどうしても基礎代謝は低下してしまいます。そうすると、若い頃と同じ食事内容では、太りやすくなってしまいます。太ってしまうからと言って、食事メニューを変えずに食べる量だけを減らす人も多いのですが、それはNG。食べる量を減らしても、食べている一つ一つの食材が高カロリーだと、摂取しているエネルギー量に対する満腹感があまりにも少ないため、空腹感のイライラやストレスで、遅かれ早かれダイエットに挫折してしまうことでしょう。

そうした失敗のリスクを軽減してリバウンドしない食事ダイエットをするためには、できるだけ低カロリーな食材を選び、調理法も工夫し、満腹になるまで食事ができて低カロリーという食生活を目指すと良いでしょう。洋食よりも和食、揚げ物や炒め物よりも、煮物や蒸し物のほうが、食事によるエネルギー摂取量を抑えることができます。

また、同じ食事をする際にも、食べる順番や、飲み込むまでに噛む回数、食事にかける時間なども、ダイエットに成功するか銅貨のポイントとなります。できるだけ繊維質の野菜から食べ始め、次に水分を流し込み、腸の中で食物繊維が膨張して満腹中枢を刺激してくれるように心がけます。ある程度お腹が膨れてから肉や白米を食べれば、少量でも満足できて、大きな満腹感を手に入れることも可能ですよ。また、飲み込むまでに15回〜20回ぐらいは噛むようにすると、アゴがつかれるので食欲もなくなり、食事量を無理なくコントロールできます。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ

「ジリアン・マイケルズの新30日間集中ダイエット」は驚異的な減量法でダイエットDVDの記録を塗り替えたトレーナーであるジリアン・マイケルズが、前作から5年の間につちかった全てのノウハウを結集! 好評の"3-2-1インターバル・システム"はそのままに、エクササイズも効果もジリアンのトークも、全てがパワーアップした最新デラックス版となっていますよ♪



スポンサード リンク
このページのトップへ