リバウンドしない方法

リバウンドしない方法について

リバウンドのメカニズムを理解しておけば、ダイエットに励む場合でも、できるだけリバウンドしない方法で賢いダイエットができるようになります。自分の脳では「2,3日の間だけ絶食する」と決めていても、体はそう自覚してくれるわけではありません。絶食などをして体内に栄養成分が行き届かなくなると、ホメオスタシスの機能によって、体内のエネルギー燃焼は自動的にエコ運転の状態となってしまいます。

急にはげしいダイエットを始めると、ホメオスタシスによってリバウンドしやすくなってしまうので、ダイエットはできるだけスローなペースで長期間続けられるようなものを選択したほうが良いでしょう。食事の量をコントロールするタイプのダイエットをするなら、短期間の絶食をするのではなく、カロリー量を減らした生活を数か月間つづけたほうが、長期的にはリバウンドしないダイエットに成功できるのではないでしょうか。

また、リバウンドしないためには、レプチンの量を調整することも必要です。レプチンとは、脳の中にある満腹中枢を刺激してくれる成分で、食事をすることで自動的に分泌されるのが特徴。毎日の食生活によってレプチンがどのぐらい分泌されるかは変化するため、できるだけ少量の食事でも満腹になれるような体質を作ると良いでしょう。

しかし、言うは易し行うは難し。思い立ったからと言ってレプチンの量を自分でコントロールできるわけではありません。少量で満腹になれる体質を作るためには、1か月ぐらいの期間をかけて、体重を減らし続けることが必要です。どのようなダイエットでも良いので、1か月ぐらいコツコツと続けていれば、その食事量に合わせてレプチンも自動的に調整されるので、ダイエットを辞めた場合でもリバウンドしにくい体質を手にれることができるのではないでしょうか。

ダイエットは、意気込んで行うものではありません。毎日の生活の中に取り込み、ストレスを感じることなく続けれられうような方法で行うことが、リバウンドせずにダイエットに成功する秘訣と言えるでしょう。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ

「ジリアン・マイケルズの新30日間集中ダイエット」は驚異的な減量法でダイエットDVDの記録を塗り替えたトレーナーであるジリアン・マイケルズが、前作から5年の間につちかった全てのノウハウを結集! 好評の"3-2-1インターバル・システム"はそのままに、エクササイズも効果もジリアンのトークも、全てがパワーアップした最新デラックス版となっていますよ♪



スポンサード リンク
このページのトップへ