食べても太らない食べ方

食べても太らない食べ方について

肥満の原因は食事にあり。食事と肥満は大きな関係があり、肥満を解消するためには食事を抜きにして語ることはできません。肥満を予防したり改善するためには、食生活を徹底的に見直すことが必要ですが、何を食べたら良いのかという食材を見直すことだけが必要なわけではありません。食事の量や、どんな風に食べればよいのか、また、どのぐらいの間隔をあけて食事をすればよいのかなど、太らない食べ方を徹底的にマスターすることは、肥満の予防や改善につながります。

食べても太らない食べ方には、いろいろな方法があります。例えば、一回の食事で何から先に食べるか、順番によっても太りやすいかどうかが異なりますし、一回の食事で食べる食事の量によっても太りやすいかどうかが異なります。

例えば、一度の食事でたくさん食べると、摂取した栄養成分がすべて消化しきれずに体内に脂肪として残ってしまう可能性が高くなってしまいます。食事で摂取したものは100%消化しきれるというわけではないので、自分の体が消化できる範囲内の量に抑えることは、太らない食べ方をマスターするためには必要なテクニックと言えるでしょう。1日に1回ドカ食いするよりも、1日に3回少しずつ食事をしたほうが太らないというのは、そのためです。同じメカニズムを適用すれば、1日に3回の食事よりも、さらに量を少なくして1日に5回〜6回の食事にしたほうが、食べたものをすべて体が消化しやすくなるので、太らない体質を作ることにもつながります。

食べても太らない食べ方は、食べた後にきちんと食べ物が消化できる時間が十分にあることを確認して食べることも必要です。例えば、夕食の時間が遅い人は、もしかしたら夕食が消化されないまま寝てしまっているかもしれません。体内に消化不良の食べ物が残ってしまうと、体脂肪として蓄積されて肥満の原因となるので気を付けましょう。たくさん食べるなら夜ではなく朝、夕食を食べる時間も、寝る前3時間以上あけたほうが良いでしょう。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ

「ジリアン・マイケルズの新30日間集中ダイエット」は驚異的な減量法でダイエットDVDの記録を塗り替えたトレーナーであるジリアン・マイケルズが、前作から5年の間につちかった全てのノウハウを結集! 好評の"3-2-1インターバル・システム"はそのままに、エクササイズも効果もジリアンのトークも、全てがパワーアップした最新デラックス版となっていますよ♪



スポンサード リンク
このページのトップへ