まつげエクステの資格

まつげエクステの資格について

数年前までは、特別な資格を持っていなくても、まつげエクステのサロンをオープンして施術を行なう事ができていたようです。しかし、未熟な技術者による施術は、まぶたが炎症を起こしてしまったり、最悪の場合には角膜炎になってしまうなどのトラブルを起こす事も多かったようです。そのため、2008年あたりからは、美容師の資格を持っていなければ、まつげエクステの施術をする事ができなくなりました。厚生省がまつげエクステの資格を「美容姿の資格が必要」と変更する前にも、まつげエクステの専門学校などはありましたし、そういった機関で勉強してプロの技術を身につけている人もたくさんいます。しかし、現在では、美容師の資格を持つ事が、まつげエクステを施術をするためには必要な資格となっているので、サロン選びをする際には、きちんと美容師の資格を持っている技術者のサロンを選ぶようにしましょう。

美容師の資格を取るためには、髪をカットするという美容師の技術面についてのみ勉強をするわけではありません。美容師として利用者の髪や頭皮などに触れますし、薬品などを使って施術をおこなう事もあります。そのため、美容師になるために必要な知識として、公衆衛生や伝染病、消毒法、衛生法規などについての知識も求められます。美容師の資格をきちんと持っているサロンを選ぶ事によって、色々なトラブルを避ける事ができるわけですね。

美容師の資格を持っている人なら、まつげエクステのサロンで仕事をする事ができます。もちろん、美容師の資格取得の段階でまつげエクステに関する知識や技術を修得する事ができるというわけではないため、美容師の資格取得のプロセスとは別に、まつげエクステに関しての実習や研究などが必要になります。民間のまつげエクステ教育機関などでは、基本的なまつげエクステの技術を教えてくれるので、こうした施設で技術力をアップするのもお勧めです。また、自宅でセルフのまつげエクステをしたい人の中には、自分自身で技術力をアップするためにこうした施設で技術を学ぶ人もいたりするようです。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンBeautyのオススメ!!

付けまつ毛でもエクステでもないのにフサフサで美しいまつ毛を手に入れられる「リバイタラッシュ」 は今アメリカで大人気、また国内でも女性誌をはじめ多数のメディアに取り上げられています! 毎晩寝る前にアイラインを引く要領でまつ毛のキワに塗るだけの簡単に使用できるまつ毛美容液です。美しく、濃く、長く、フサフサのまつ毛をゲットしてくださいね♪
※詳細は → つけまつ毛でもエクステでもなく、地毛でまつ毛が長くフサフサに!



スポンサード リンク
このページのトップへ