枝毛の対処方法

枝毛の対処方法について

枝毛ができてしまったら、どのように対処したら良いのでしょうか? 肌細胞でできている皮膚は、ダメージを受けても自然に傷を修復してダメージを受けた箇所が再生できる能力をもっています。しかし、髪にはそうした細胞を修復する能力がありません。つまり、髪は一度ダメージを受けると、放置していても自然に修復される事がないというわけですね。

ドライヤーの熱、パーマや脱色などによって髪がダメージを受けてしまうと、髪が乾燥してパサパサしてしまったり、キューティクルが開いてそこから髪に亀裂が入って枝毛になってしまう事もあります。こうした髪のダメージは自然に回復することができないので、ダメージヘアをケアして髪の補修効果が期待できる対策を講じる事が必要になります。

例えば、毛先が枝毛で何股にもなってしまった髪を補修するためには、破れた紙を元の形に整えてあげる場合に使うような「糊」の役目をしてくれるものが必要になります。避けてしまったところを糊でつなぎ合わせるというイメージですね。ダメージケアの外側からまとめてコーティングしてくれるようなヘアケアアイテムなどは、枝毛や髪のパサ付など、髪の外部をコーティングしながらすべりをよくして髪につややハリを与えてくれる効果が期待できるのでおすすめです。

髪はダメージを受けてから補修作業を行なうよりも、ダメージを受けないように予防をするのが理想的。生活習慣やシャンプーの仕方、食べ物などを工夫したり改善したりしながら、できるだけ髪にダメージを与えないような工夫をする事が大切です。例えば、シャンプーをする時には、髪にシャンプーをつけてから髪を擦り合わせてあわ立たせるのはNG。シャンプーは基本的に頭皮の汚れを取るものなので、髪をこすり合わせる必要がないばかりではなく、頭皮をマッサージして頭皮の毛穴に詰まった汚れを取り除くようにマッサージするのが正しい使い方です。髪が傷んでいる時には、ダメージケアを補修する美容液やヘアトリートメントなどを使うのも良いでしょう。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [枝毛&切れ毛対策館]について

枝毛/切れ毛の原因や種類にその対処方法等の基礎知識をはじめとして、対策シャンプーやトリートメントの紹介、枝毛カッターやハサミ等のアイテムについてまで幅広く奥深くまで解説した枝毛/切れ毛専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [[枝毛&切れ毛対策館] TOPページへ戻る



スポンサード リンク
このページのトップへ