枝毛とは

枝毛について

髪を長く伸ばした事がある女性ならだれでも一度は経験した事がある「枝毛」。枝毛とは、髪の毛先が二股や三股に分かれてしまっている状態で、髪がとても傷んでいる症状の一つです。健康な髪が二股や三股に分かれているというわけではなく、髪の内部が傷んでしまい、髪が避けてしまった状態をイメージした方が良いかもしれませんね。

もともと髪の1本1本の内部には、繊維質と呼ばれる毛髪細胞がギッシリと詰まっています。毛髪細胞がギッシリ詰まっている髪ほどコシやハリがある髪になり、健康的な髪になります。しかし、髪が傷んでくると、髪の内側の繊維質の密度が少なくなってしまったり、繊維質の質自体が低下してしまうために、髪の内部がスカスカな状態になってしまいます。

髪の表面はキューティクルに覆われているので、本来なら、髪の内部の繊維質がどんな状態でも髪の内側に閉じ込められているもの。しかし、キューティクルがダメージを受けて穴が開いたりしてしまうと、そこから繊維質が流れ出てしまいます。そうすると、髪の内側がさらにスカスカな状態になってしまいますよね。

枝毛は、そんな髪の内側がスカスカな状態になると起こりやすくなってしまいます。イメージとしては、空っぽの段ボール箱といったところでしょうか。中身がギッシリと詰まっている段ボール箱はつぶそうとしてもなかなかつぶれませんが、中身が空っぽの段ボール箱なら、ちょっとした衝撃で簡単につぶれてしまいますし、破れたりダメージを受けてしまう事も少なくありません。髪も同じで、キューティクルの内側の繊維質がギッシリつまっていなければ、髪はダメージを受けやすくなってしまうわけですね。

枝毛は、パーマや脱色など、化学成分によってダメージを受ける事が多いだけでなく、ドライヤーの熱などでもダメージを受けてしまいます。枝毛を作らないためには、そうしたダメージの原因を作らないようなヘアケアが必要になります。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [枝毛&切れ毛対策館]について

枝毛/切れ毛の原因や種類にその対処方法等の基礎知識をはじめとして、対策シャンプーやトリートメントの紹介、枝毛カッターやハサミ等のアイテムについてまで幅広く奥深くまで解説した枝毛/切れ毛専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [[枝毛&切れ毛対策館] TOPページへ戻る



スポンサード リンク
このページのトップへ