ジェルクレンジングの乾燥対策

ジェルクレンジングの乾燥対策について

クレンジング剤の中でも圧倒的に大きなシェアを占めているのは、ジェルタイプのクレンジングではないでしょうか。ジェルクレンジングは、透明だったり半透明だったりして、ベタベタしないジェル状のクレンジング剤。洗いあがりをとにかくサッパリしたい人に大人気のジェルクレンジングは、汗をかきやすい季節や、皮脂分泌が活発な季節などには大活躍してくれます。しかし、肌質や乾燥しやすい季節などによっては、ジェルクレンジングを使う事によって肌が乾燥してしまったり、乾燥しやすい状態になってしまうので注意しなければいけません。

ジェルクレンジングには、高分子タイプとオイルタイプの2種類があります。高分子タイプのジェルクレンジングは、水溶性の高分子がメイク汚れを溶かして落とすことができるタイプのクレンジングで、肌に必要な水分は落とさずに残してくれるという特徴があります。オイルタイプのジェルクレンジングは、メイクの主成分でもあるオイルと同じオイル成分を使う事によって、ゴシゴシこすらなくてもメイクとなじませてスピーディにメイク汚れを落とす事ができるタイプのクレンジング剤ですね。

他のタイプのクレンジング剤を使っている人にとっては、洗顔剤のようにサッパリと洗いあがるジェルクレンジングでは、なんとなくメイク汚れが落ちていないような気もするかもしれません。しかし、ジェルクレンジングは肌の乾燥を予防しながら肌表面に残っている古い角質などを取り除く事ができるので、肌のくすみが気になる人などにはジェルタイプのクレンジングがおすすめです。

ジェルクレンジングは、肌に乗せると最初はなんとなく使用感が重たいのですが、メイクとなじむと使用感がフッと軽くなります。ゴシゴシこすらなくても、メイクとなじめばフッと軽くなるので急ぐ必要はありませんが、早くメイクとなじませようと肌をゴシゴシすると、肌にとって必要な角質なども取り除いてしまい、肌が乾燥しやすくなってしまうので気をつけなければいけません。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [スキンケア・クレンジング館]について

クレンジングオイルやクレンジングパックについての基礎知識をはじめ、泥成分や黄土配合、大豆成分や漢方配合等の様々なクレンジング剤の紹介ほか、クレンジングについて幅広く奥深くまで解説した専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [スキンケア・クレンジング館] TOPページへ戻る



スポンサード リンク
このページのトップへ