こすらないクレンジング

こすらないクレンジングについて

皮膚は、乾いている時はそれなりに丈夫ですが、濡れると表面の角質層も柔らかくなり、刺激や摩擦に対してとても弱くなってしまいます。そのため、メイクを落とすためのクレンジングを使うときにも、クレンジング成分にメイク落としをさせるように心がけ、あまり指の腹などでゴシゴシとこすらないように気をつけなければいけません。

顔のマッサージは、正しい方法で行えばプラスの効果を実感する事ができます。血行を促進したり、つまりやすいリンパ腺の流れをスムーズにする事によって老廃物を体外に排出する事ができたり、小顔効果もありますよね。マッサージをする時には、マッサージのために作られているマッサージクリームを使って行わなければいけないのですが、すべりが良いからとクレンジングオイルをそのまま使ってマッサージするのは肌にとってはマイナスの効果しかないので気をつけましょう。

クレンジングをする時に、自分が擦っている事を自覚している人はそれほど多くはありません。しかし、ほとんどの人は「こすっていない」と思いながらも無意識のうちに肌を擦っています。クレンジングで肌を無意識のうちに擦っていると、肌の表面の角質層がどんどん剥がされて薄くなってしまいます。そうすると、肌が乾燥しやすくなってしまったり、外部からの刺激やアレルギー物質に対する抵抗力なども弱くなってしまうので、肌トラブルを起こしやすくなってしまいます。

こすらないクレンジングとは、クレンジング剤をまず掌で人肌温度に温めて、クレンジング剤の膜を顔の表面に張ってあげるように工夫しながらやさしくメイクを落とすクレンジング方法です。指でゴシゴシしなくても、クレンジング成分はオイルと混ざりやすい成分でできているので、自然にメイク成分と混ざり合ってメイクを落とす事ができます。擦らずに肌の表面のクレンジング成分をやさしく転がすような感じでクレンジングして見てください。肌トラブルの少ない強い肌質を作る事ができるはずです。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンBeauty [スキンケア・クレンジング館]について

クレンジングオイルやクレンジングパックについての基礎知識をはじめ、泥成分や黄土配合、大豆成分や漢方配合等の様々なクレンジング剤の紹介ほか、クレンジングについて幅広く奥深くまで解説した専門情報サイトです♪
フィットネスジャパンBeauty [スキンケア・クレンジング館] TOPページへ戻る



スポンサード リンク
このページのトップへ