セルライト対策:お尻

お尻のセルライト対策について

セルライトにもいろいろな種類がありますが、お尻にできるもののほとんどは、脂肪が冷えて固まる際に、周辺の老廃物や毒素を巻き込んだことが原因と言われています。お尻という部分は、普段の生活ではあまり意識して鍛えることがない部分ですし、脂肪がつきやすい部分でもあります。特に、皮下脂肪がつきやすい女性にとっては、お尻は真っ先に脂肪がついてしまう部位の一つでもあるので、気が付かないうちにお尻に脂肪がタップリついているなんてことも珍しくありません。

普段ほとんど筋肉を使わないお尻に脂肪がついてしまうと、その部分の脂肪が燃焼されないまま蓄積され、セルライトができやすくなってしまいます。セルライトは中高年になってからはとてもできやすくなりますが、お尻のセルライトは、10代でもできることが多いようです。年齢に関係なくできるセルライトの場合には、血行不良や冷えなどが原因になっていることが多いので、毎日の生活を見直して、できるだけ体が冷えないように努力工夫したり、血行促進のための工夫をすると良いでしょう。

どんな人がお尻にセルライトができやすいのでしょうか?慢性的な運動不足の人はもちろんですが、そのほかにも、普段の生活の中でもお尻をほとんど使っていない人、例えばデスクワークやパソコンワークによって長時間、お尻の位置がほとんど変わらないような場合には、お尻にセルライトができやすくなってしまうようです。意識してトレーニングするわけではなくても、体を動かすことによってお尻の筋肉も適度に使ってあげたほうが、セルライト予防には効果的です。

お尻にセルライトを作りたくない人、お尻にできてしまったセルライトを何とかしたい人は、お尻のエクササイズを行うのも効果的です。方法はとても簡単。壁に背中をくっつけて立ち、少しずつ足を前に動かしながら腰を落とし、椅子のような形を作ってみてください。太ももの角度、膝の角度が90度ぐらいになるようにポジションを作り、背中は壁につけたままで、10秒程度静止しましょう。このエクササイズによって、お尻の筋肉に負荷がかかるので、セルライトができにくくなります。

スポンサード リンク

このページのトップへ