セルライトの原因

セルライトの原因について

セルライトができる原因はいくつかあります。

まず、女性に多いのは、体のむくみや血行不良によるもの。下半身の血行の大きなカギを握っているのは骨盤ですが、女性の場合には毎月の月経によって骨盤が開いたり閉じたりするため、骨盤はゆがみやすかったりずれていたりすることも少なくありません。特に、出産を経験した女性のほとんどは、骨盤のゆがみやずれを持っているのだとか。血行が悪くなってしまうと体内の脂肪細胞が冷えて固まりやすくなるため、セルライトができやすくなってしまうのです。

運動不足もセルライトを作る原因となります。運動をすると筋肉が使われて、筋肉が動くときには周辺の脂肪を燃焼してくれます。慢性的な運動不足の場合には、筋肉があまり使われていないので脂肪も燃焼されることがなく、どんどん脂肪が蓄積されてしまい、セルライトが作られやすくなってしまうというわけです。セルライトは周辺の細胞を巻き込んでどんどん大きく成長するという特徴があるので、最初は小サイズでも、運動不足が続くことによってどんどん大きくなってしまう事もあります。

ホルモンバランスが崩れることもセルライトを作る原因となります。更年期で女性ホルモンの分泌が少なくなるとセルライトができやすくなりますし、女性ホルモンの分泌が活発な妊娠中やピル服用時でも、体内のホルモンバランスが崩れるとセルライトができやすくなってしまいます。

ストレスや疲労によってセルライトが作られることもあります。体が疲れたりストレスを感じたりすると、体内からは疲労物質が活性酸素が大量に分泌されてしまいます。活性酸素は血液中の酸素を大量に消費してしまうため、体の隅々まで十分な酸素が行き渡らなくなり、それが血行不良と同じ現象を引き起こすことになります。タバコなどの嗜好品も同じ理由でセルライトを作りやすくなってしまいますし、野菜が少なく肉中心の食生活をしている人、外食が多い人なども、同じ理由でセルライトができやすくなってしまいます。食生活や生活習慣の中には、セルライトができる原因が蔓延しているのです。

スポンサード リンク

このページのトップへ