セルライトが痛い場合

セルライトが痛い場合について

体内の血行が悪くなると、体が冷えやすくなり、体内の脂肪も冷えて固まってしまいます。脂肪がかたまる際には周辺の老廃物や水分を巻き込みながら固まるという性質があり、このようにして誕生したのがセルライトです。セルライトは血行が悪くなりやすいお尻や太ももにできやすく、脂肪がタップリつきやすい部位ほどセルライトもできやすいと言われています。

一度セルライトができてしまうと、それを解消するのはとても大変です。通常なら流動形になっている脂質が冷えて固まり、固形になっているわけですから、固くなった脂肪の塊を体内から排出するためには、マッサージやクリニックでの融解トリートメントなどによって、体外に排出できるサイズまで小さくしなければいけません。

美容クリニックでの融解トリートメントでは、超音波や光の周波を使って脂質をスピーディに溶かすので、痛みを感じることはほとんどありません。しかし、オールハンドのマッサージや、マッサージ機を使ってセルライトの大きさを小さくしたい場合には、かなりの痛みを伴うことも多いようです。

セルライトケアができるエステサロンでは、オールハンドなマッサージでセルライトを小さく分解するケアを受けることができたり、光を使って固まっている脂肪を溶けやすい状態にしてからハンドマッサージで確実に大きさを小さくしていく施術を受けることができます。この時、エステで受けるマッサージだから痛くないだろうと思ったら大間違い。エステでは確実な効果を出すために、「はい、痛いですよ」と言いながら固まっているセルライトをブチブチと手で砕くため、人によっては涙が出てしまうほどの痛みを感じることもあるようです。

痛いのが嫌だけれどセルライトは何とかしたいという人は、自分でマッサージをしながらセルライトを解消するのは難しいかもしれません。お金はかかりますが、美容クリニックで融解トリートメントを受けたほうが良いでしょう。一方、マッサージの痛みなら我慢できるという人なら、エステサロンで施術を受けても良いですし、コツを掴めば自宅で自分自身でマッサージをしながらセルライトを小さくすることもできそうですね。

スポンサード リンク

このページのトップへ